カテゴリー「淡路島」の記事

こんな休日・・でした。

037
早起きして、ひとりで撮り溜めしたテレビ番組を観る。
Dscn4967
軽く妻とランチ。
014_01
イオンでお買い物。
020
サンたなかで野菜を買って。
011
フーズナカガワで魚を買って。
027
至福の家呑み。
028

035_01

Dscn4800_2
2年間の島暮らし、なかなか快適・・・でした。

今、思えばこの島に来ることは運命だったのかもしれません。


徳島に帰ります。

淡路島でお世話になったみなさんに感謝をこめて。
014_02

| | コメント (0)

洲本からあげ弁当対決?

洲本市近郊のお弁当屋さんのからあげ弁当を食べ比べ。

Sanaあわじ洲本店
Dscn4613
ここのお弁当は煮物なんかも入ってて上品かつヘルシー。

女性向きかも?

がんこおやじ
Dscn4522

Dscn4523
普通でした
Dscn4524
ちらかというとスジ煮込み弁当が美味しかった。

そして、やはり洲本でからあげ弁当といえば、ここ。

おふくろ亭
Dscn4336
蓋が閉まらないボリュームに390円という値段。
Dscn4333
最近、休日にここの弁当食べながら撮りだめたビデオを観て過ごすのも楽しみになってます

| | コメント (0)

イカチリソースたにやん風

お正月休みに行ったばかりだというのにまたまた谷やんの店に行ってしまいました

今日の日替わりランチはイカチリソースたにやん風

前回行った際に1月のランチメニューをチェックしてて、イカ好きの私としては、こりゃ外せんということでイソイソと出かけたのでした。

席に座るとスッと出てくるスープはコンソメに少量の溶き卵が入ってちょっと中華料理を思わせます。
Dscn4886
そして、メインのイカチリソースがこちらDscn4889
良い意味でいつも期待を裏切ってくれる谷やん。

イカの身をレタスで包んでオリジナルのチリソースをかけた一品はしっかり洋食になってます。

もちろん、ご飯との相性もバッチリ。

さすが谷やん、ここのメニューには意外性のある調理法の“驚き”と、誰もが親しめる味という“安心”が同居してていつ行っても感動をもらえます。

| | コメント (0)

谷やん初め(^^;)

今年初めての谷やんの店

昨年のディナーの後、2回ランチに行ったのだが、2度共満席で入れなかったのだ。

で、新年の初ランチ。

この日の日替わりは牛すじのシチュー。

まずは、お正月のおせちメニューで使った伊勢エビの出汁が出たポタージュとべったら漬けが乗ったサラダ。
Dscn4871
そして、牛すじをデミグラスソースでじっくりと煮込んだシチューをーにとろけるチーズを乗せてグラタン風にしたもの。
Dscn4872
カボチャを包んだ餃子風の具も入っている。

他にもマッシュルーム、キドニービーンズなど入り。

さすがの旨さ

しかもこれが750円というコストパフォーマンスの高さに毎回驚かされる。

やっぱり谷やんの店は日替わりランチにトドメをさします

追加で以前から気になっていた単品メニューめはり寿司を注文。

熊野地方の郷土料理、めはり寿司をメニューに置くのは奥さんの実家が和歌山だからといこと。
Dscn4877
ごま、シソ風味のご飯が高菜に包まれてどこか懐かしい味。
これにレモンを搾っていただくのが谷やん流みたい。

帰り際に今月の日替わりメニューを激写
Dscn4878_2
週末しか寄れないけれどまた来よう

| | コメント (0)

初詣

初詣に一宮の伊弉諾神宮へ行こうということで出かける。

でも、その前に腹ごなし。
Dscn4870
イオン洲本店のスパイス王国でマトンサグニのカレーセットを食べる。
もちろん辛さは激辛
Dscn4865
おせちも良いけどカレーもネ・・ということである。

そして、その足で伊弉諾神宮へ。
003_2

021

018_2

010_2
無事参拝を済まし、パルシェ香りの湯でひとっ風呂。
023
ここ数年お正月休みに1日は温泉を楽しむようになってきました。
031

035
のんびり気分をリフレッシュ

| | コメント (0)

フランス食堂 プティポワ

Dscn4841_2
南あわじ市のフランス食堂 プティポワへ初めてのランチへ。

以前から一度行ってみたいと思いながら、いつもお客さんでいっぱいであきらめ続けていた店です。

ところがこの日は年末ということもあってか、お客はうちの夫婦二人きり。

お肉とお魚のランチをそれぞれいただいてきました。
Dscn4824
まずは定番のサラダ。

次にスープか本日のパスタから一品を選べるということで、
Dscn4825_01
妻は赤ピーマンのポタージュ。
Dscn4832
私はミートソーススパゲティ。

メインの魚料理は舌平目のムニエル。
Dscn4835
ちょっぴりスパイシーな味付けの舌平目はこんなに肉厚な舌平目がいるのか?と勘ぐってしまうくらいの立派なもの。

ほっこりソテーされていて、絶妙でした。

肉料理は鶏もも肉のロティ。
Dscn4837
皮目はカリッと身はジューシーに焼かれた鶏肉に濃厚ソースが相まってこれまた絶妙。

付け合わせの野菜類もひとつひとつ下拵えが丁寧で素晴らしい。
Dscn4831

Dscn4839
お値段でいえば我が家的にはやや贅沢なランチですが、ここまで手が込んでいればそんなに高いものではないと思います。

淡路島ではあまりマニアックで特異な食べ物は受け入れられないところがあるので、この店のオーソドックスなメニュー構成はよく考えられていると思います。

淡路島への女子旅なんかで利用すれば、なかなかいいんじゃないでしょうか?

| | コメント (0)

CAFE ALFEE

Dscn4565
近所にありながらなかなか訪れる機会のない店。

そんな店のひとつがここ、CAFE ALFEEちょっとランチに寄ってみました。お隣の鰹節屋さんがやってるのかな?
鰹節も上手く使ってます。
Dscn4561
この日の日替りランチは煮込みハンバーグ。なかなか悪くない。

お店やメニューもオシャレで、女性客にも喜ばれそう。
Dscn4559

Dscn4564
この店はスィーツでも人気の店らしい。

次回機会があればケーキも食べてみたいと思ってます。

| | コメント (0)

かまくら

Dscn4557
夜はちょっと敷居の高い高級居酒屋のかまくらだが、平日の昼間は近所のサラリーマン向けにランチ営業をしている。
Dscn4551
この日の日替わり定食はミックスフライ。

自家製タルタルソースが美味しい。
Dscn4553
やはり、日替わりランチの定番はフライ物になるようです。

| | コメント (0)

KKK's Cafe Suspenders

Kakozqpagky3aeysmaen
ちょっぴりマニアックなマスターが営むカフェ。

自家焙煎のスペシャリテコーヒーが280円でいただける洲本市街地にある喫茶店。

ランチもやっててこの日は豚肉生姜焼き定食。
Kakoqbw7a3njoahqgfvc1_2
片栗粉をまぶした豚肉にタレがよく固まって美味しい。
Kakosqvdb9dozdeasxe8
妻の居ない昼下がりに、ちょっとサンドイッチをつまんだり。

ある夜は三線のライブもあったりして市街地の憩いの場になってる感じ。
Dscn4726



| | コメント (0)

なだ市

Dscn4483
安くてボリュームがあり、メニューは奇をてらっていない。

淡路島で流行る店の傾向である。

この店もそんな店のひとつ。

この日の日替わりランチはミックスフライと蕎麦orうどんのセット。
Dscn4482_01
ランチタイムは地元サラリーマンで大にぎわい。

“ふつう”の力を感じます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧