« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

ニュー白馬


先日、大阪のTV番組ちちんぷいぷいでも紹介されてた豆天玉を食べに老舗お好み焼き店のニュー白馬にやって来た。

豆天玉とは甘く炊いた金時豆と小エビの天麩羅に卵が入った徳島独特のお好み焼き。
最近、徳島のB級グルメとして売り出そうとしているみたいで新しい店から老舗までどこにでもあるメニュー。

ここは私が高校生時分、徳島駅前ということもあって学生の溜まり場だった店。

妻はその豆天玉。



私はお好み焼き定食。


手作りのマヨネーズも美味しいのです。

なんか懐かしいなぁ

| | コメント (0)

岩牡蠣

010
超特大の天然岩牡蠣GET

空には花火

夏ですなぁ~
011




| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨とトラム~灣仔寶靈頓街號鵝頸街市~

Dscn6381
飲茶の後、スパに行く妻と別れ、そそ降る雨の中トラムで湾仔の街市へ向かう。
Dscn6370
特に目的もないので、最近お気に入りの街市でも散策してみるつもりである。

高層ビルが乱立するビジネス街のすぐそばに雑然とした市場がある。
そのギャップが香港の魅力。

香港島の湾仔と銅鑼湾の境にある灣仔寶靈頓街號鵝頸街市は最近の私のお気に入りスポット。
Dscn6360

Dscn6350

Dscn6355

Dscn6351

Dscn6352

Dscn6356

Dscn6362_2

Dscn6361
周囲の市場を一通り散策してから街市のフードコート、熟食中心に入る。
Dscn6359
朝から朝食を食べる人でごった返す店をチラチラ見ながら、お茶でもする場所を探して歩く。
Dscn6365

Dscn6349
一番賑わっている店で奶茶を楽しんで、西行きのトラムでホテル方面へ帰る。
雨も少しあがってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸したて、焼きたて熱々~♪聚點坊點心專門店

香港滞在中、一度は食べたい飲茶。
今回は西環ということで、王道なら近所にある蓮香居かな?とかも思ったけれど、去年本店の蓮香樓には行ったし・・・。

近所にある小さな点心店もディープな雰囲気が魅力的な点心店もいいけど・・・と悩んでいる私の目に飛び込んで来たのが、最近よくお邪魔するブログのこちらの記事。

聚點坊點心專門店

ここには最近香港で人気の点心、チャーシューメロンパンがあるとのこと。

最近、添好運點心專門店の酥皮焗叉燒包 にすっかりはまっている妻も乗り気になり、早速出かけてみることに。
Dscn6347
店は小綺麗でオシャレな佇まい。
お客さんもパラパラ入っている。

席について注文。

この店はオーダースタイルの飲茶店みたいで、売りは「即叫即製點心」

つまり、注文を受けてから作ります。ということらしい。
Dscn6344
まずは香港定番の点心、海老蒸し餃子、聚點坊鮮蝦餃
お店の名前を冠したコチラ。
ちょっと期待したのだが、お味の方は小ぶりでまずまずといったところ。
Dscn6343
そしてこの店のチャーシューメロンパン雪山叉燒包
熱々焼きたてで、手で持つと崩れそうなほど柔らかい。
叉焼餡もトロトロ。
これは、添好運點心專門店より好きかも?
Dscn6345

Dscn6346
更に、焼餃子は餡がたっぷりで弾けそうなくらいムチムチ。

お店もそんなに混んでいないし、さっくり飲茶するには良い店です。

妻はかなりお気に入りみたいなので、またリピすることになりそう。

| | コメント (4)

神戸へ。

連休の初日は久しぶりの神戸散策。
001_4
淡路島サービスエリアでひと休みして一路神戸へ。

駐車場は市街中心から少し離れるけど、その安さに
いつも利用するタイムズ。
24時間700円と格安なのです。

023
011_2

021_2

002_2
旧居留地でぶらぶらしてからランチはサン地下のベトナム料理店、タンカフェに行く。
010
相変わらず愛想の良いタンさんに「おかえりなさい。」と迎えられる。
007_4
盛りだくさんのタンカフェ定食と
008
冷たい和え麺のセットを妻と一緒にいただく。

若干ジャンクな感もあるけど、やはりこの店の味は好き。

生ニンニクや唐辛子の酢漬けで好みの味にして食べる。

さらに散策を続けるも熱さに体力を奪われ、元町の本高砂屋のカフェで冷たいみるくきんつばを食べてリセット。
015

013_01_2
そんなこんなの夏の連休初日なのでした。

| | コメント (0)

坤記煲仔小菜

香港で一度行ってみたかった店、煲仔飯の超人気店、坤記煲仔小菜

今回ホテルから徒歩圏内にあるということで、果敢にチャレンジ。
というのもこの店予約困難な人気店なのです。

大丈夫かな?と不安を抱きつつ開店の午後6時前に店に到着するも、開店前の店頭にはすでに3組くらいの開店待ちの人達がいる。

待つこと暫し、店のおばさんが予約してるかを聞いてくる。

してない旨を伝えると、怪訝な顔をして店内に戻られた。

ダメかな?と思っていると、店の外に簡易テーブルをセッティング。

同じく予約していなかったらしい地元のカップルと相席で座る。

まずはビール。
030
下町らしく藍娘を注文。
Dscn6439

Dscn6440
食べたいものは大体下調べしてあったけど、一応メニューを見て注文を済ます。

ビールで乾杯して待つこと暫し、椒鹽鮮魷(イカフライ)が出てくる。
Dscn6441
滷水でうっすら味付けされた柔らかいイカが、唐辛子、ガーリックと共にカラッと揚げられている。
Dscn6442
続いて茹でレタスの豆味噌和え。
さっぱり口直しの一品。

そしていよいよ真打ちの煲仔飯登場
Dscn6444_01
中華風の腸詰めや肉類の加工品が乗せられた土鍋ご飯、臘味牛肉煲仔飯。
醤油ダレを回しかけて蓋をしてしばし蒸らし、よく混ぜて頬張る。

蒸された牛肉が柔らかく美味。

ちょっとクセのある臘味が妻は苦手だったみたいだけど、伝統ある香港の味、美味しくいただきました。
Dscn6446
食べ終わったころには道端に空席待ちの人達がわんさか。

味付けも豪快で荒っぽいし、忙しくってサービスもぶっきらぼう・・・と思いつつお勘定。

入り口でよろけたところを店のおばさんが、腕をつかんで支えてくれてニッコリ。

あぁ、そうだここは香港だった。

日本のようにマニュアル式のサービスじゃない土地なのだ。

とたんに気持ちが良くなって、夜風もさわやかに感じてきた。

| | コメント (2)

阿波の夜景


徳島の眉山山頂ビアガーデンよりの眺望*\(^o^)/*

| | コメント (4)

もうひとつの終点

トラムの回転場がある筲箕湾でランチをした私達ですが、もうひとつ行ってみたいトラムの終点停留所があったのです。

それが堅尼地城ほぼリアルタイムの記事はこちら

お店の記事とかはそちらで見ていただくとして、ここでは写真を中心に紹介します。

海に向かって走るトラムに乗ってガタゴト。
Dscn6423

Dscn6426

Dscn6430
下町風情を残しつつ若者向けカフェなども出来ていて今注目のスポットでもあります。
Dscn6424

Dscn6427_2

Dscn6429
降りだした雨も堅尼地城に着く頃にはあがり、青空も覗いている。

お目当てのケーキ店でイートイン後、海辺を散策。
Dscn6434

Dscn6431

Dscn6432
雰囲気にほだされて昼ビールを楽しんで、またトラムで帰る。
Dscn6421
年内には地下鉄も通る予定で更に開発が進むんだろうなぁ。

アメリカンサイズのビールの酔いも手伝ってなんだか眠くなってきました

| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »