« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

たんぽぽ

D3997f2015e54bec0e2adbc8c18315291
ラーメンウエスタン?
なんじゃほりゃ?

と、思いつつ観たこの映画、かなり面白かった。

ラーメン店再生をメインに、食にまつわる意味不明な複数の物語が交錯するオムニバス映画。

伊丹  十三監督の実力を再認識させられました。

| | コメント (2)

洲本からあげ弁当対決?

洲本市近郊のお弁当屋さんのからあげ弁当を食べ比べ。

Sanaあわじ洲本店
Dscn4613
ここのお弁当は煮物なんかも入ってて上品かつヘルシー。

女性向きかも?

がんこおやじ
Dscn4522

Dscn4523
普通でした
Dscn4524
ちらかというとスジ煮込み弁当が美味しかった。

そして、やはり洲本でからあげ弁当といえば、ここ。

おふくろ亭
Dscn4336
蓋が閉まらないボリュームに390円という値段。
Dscn4333
最近、休日にここの弁当食べながら撮りだめたビデオを観て過ごすのも楽しみになってます

| | コメント (0)

バロン

51wb9cxw0sl1_4
子供の頃買ってもらった本で大好きだったドイツ民話「ほら吹き男爵の冒険」を奇才テリー・ギリアム監督が映画化したもの。

俊足のバートホールド、遠目の射撃の名手アドルファス、驚異的な肺活量を持つ小人グスタヴァス、怪力の大男アルブレヒトの4人の家来を従え、荒唐無稽な冒険を繰り広げるミュンヒハウゼン男爵。

夢を信じること、前向きに生きることの大切さを教えてくれる映画です。

| | コメント (0)

イカチリソースたにやん風

お正月休みに行ったばかりだというのにまたまた谷やんの店に行ってしまいました

今日の日替わりランチはイカチリソースたにやん風

前回行った際に1月のランチメニューをチェックしてて、イカ好きの私としては、こりゃ外せんということでイソイソと出かけたのでした。

席に座るとスッと出てくるスープはコンソメに少量の溶き卵が入ってちょっと中華料理を思わせます。
Dscn4886
そして、メインのイカチリソースがこちらDscn4889
良い意味でいつも期待を裏切ってくれる谷やん。

イカの身をレタスで包んでオリジナルのチリソースをかけた一品はしっかり洋食になってます。

もちろん、ご飯との相性もバッチリ。

さすが谷やん、ここのメニューには意外性のある調理法の“驚き”と、誰もが親しめる味という“安心”が同居してていつ行っても感動をもらえます。

| | コメント (0)

谷やん初め(^^;)

今年初めての谷やんの店

昨年のディナーの後、2回ランチに行ったのだが、2度共満席で入れなかったのだ。

で、新年の初ランチ。

この日の日替わりは牛すじのシチュー。

まずは、お正月のおせちメニューで使った伊勢エビの出汁が出たポタージュとべったら漬けが乗ったサラダ。
Dscn4871
そして、牛すじをデミグラスソースでじっくりと煮込んだシチューをーにとろけるチーズを乗せてグラタン風にしたもの。
Dscn4872
カボチャを包んだ餃子風の具も入っている。

他にもマッシュルーム、キドニービーンズなど入り。

さすがの旨さ

しかもこれが750円というコストパフォーマンスの高さに毎回驚かされる。

やっぱり谷やんの店は日替わりランチにトドメをさします

追加で以前から気になっていた単品メニューめはり寿司を注文。

熊野地方の郷土料理、めはり寿司をメニューに置くのは奥さんの実家が和歌山だからといこと。
Dscn4877
ごま、シソ風味のご飯が高菜に包まれてどこか懐かしい味。
これにレモンを搾っていただくのが谷やん流みたい。

帰り際に今月の日替わりメニューを激写
Dscn4878_2
週末しか寄れないけれどまた来よう

| | コメント (0)

初詣

初詣に一宮の伊弉諾神宮へ行こうということで出かける。

でも、その前に腹ごなし。
Dscn4870
イオン洲本店のスパイス王国でマトンサグニのカレーセットを食べる。
もちろん辛さは激辛
Dscn4865
おせちも良いけどカレーもネ・・ということである。

そして、その足で伊弉諾神宮へ。
003_2

021

018_2

010_2
無事参拝を済まし、パルシェ香りの湯でひとっ風呂。
023
ここ数年お正月休みに1日は温泉を楽しむようになってきました。
031

035
のんびり気分をリフレッシュ

| | コメント (0)

明けましておめでとうございます。

058
明けましておめでとうございます。


2013年がやってきましたね。

新年、みなさまどのようにお過ごしでしょうか?

世知辛い世の中、今年も乗り切るには少々よいしょが必要なようです。

今年がどうぞ良い年でありますように・・

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »