« 立ち振る舞い。 | トップページ | 年の瀬 »

フランス食堂 プティポワ

Dscn4841_2
南あわじ市のフランス食堂 プティポワへ初めてのランチへ。

以前から一度行ってみたいと思いながら、いつもお客さんでいっぱいであきらめ続けていた店です。

ところがこの日は年末ということもあってか、お客はうちの夫婦二人きり。

お肉とお魚のランチをそれぞれいただいてきました。
Dscn4824
まずは定番のサラダ。

次にスープか本日のパスタから一品を選べるということで、
Dscn4825_01
妻は赤ピーマンのポタージュ。
Dscn4832
私はミートソーススパゲティ。

メインの魚料理は舌平目のムニエル。
Dscn4835
ちょっぴりスパイシーな味付けの舌平目はこんなに肉厚な舌平目がいるのか?と勘ぐってしまうくらいの立派なもの。

ほっこりソテーされていて、絶妙でした。

肉料理は鶏もも肉のロティ。
Dscn4837
皮目はカリッと身はジューシーに焼かれた鶏肉に濃厚ソースが相まってこれまた絶妙。

付け合わせの野菜類もひとつひとつ下拵えが丁寧で素晴らしい。
Dscn4831

Dscn4839
お値段でいえば我が家的にはやや贅沢なランチですが、ここまで手が込んでいればそんなに高いものではないと思います。

淡路島ではあまりマニアックで特異な食べ物は受け入れられないところがあるので、この店のオーソドックスなメニュー構成はよく考えられていると思います。

淡路島への女子旅なんかで利用すれば、なかなかいいんじゃないでしょうか?

|

« 立ち振る舞い。 | トップページ | 年の瀬 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

淡路島」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。