« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

笹屋食堂の中華そば

022
洲本市海岸通の笹屋食堂
Dscn4530_01
今ではあまり見なくなった昔ながらの大衆食堂スタイル。

中華そばを啜ってみる。
Dscn4531_01
何の変哲もない食堂の中華そば。

これが妙に美味しい。

普通であること、あり続けることの大切さを感じます。
Dscn4528_01_2

| | コメント (2)

谷やんでディナー

いつものように谷やんの店で日替りランチを食べながら話をしていた時のこと。

11月に常連客限定のお客様感謝ディナーのお誘いをもらった。

なんでも、伊勢海老、ステーキなどの高級食材を使ったコースを3,500円で提供するスペシャルディナーとのこと。

いつもランチタイムばかりの谷やんの店。一度夜も行ってみたかったので、即日予約。
Dscn4618
てなわけで、週末の夜にいそいそと出かけてきましたDscn4619
初ディナーにワクワクドキドキ
目の前の空のお皿に期待が高まります。

まずは前菜。
Dscn4621
生ハムメロンは定番の味ながら、メロンの熟し具合はパーフェクトです。
アボカドサーモンも間違いのない味わい。
穴子とクリームチーズのイソール(西洋餃子)はこってり濃厚な旨味に満ちています。
Dscn4624
寒さが厳しくなってきた季節に、やさしく暖かいオニオングラタンスープ。
手間暇かかっています。
Dscn4629
グリーンアスパラ入りのサラダを挟んで、
Dscn4626_01
伊勢海老のテルミドール。
生の伊勢海老をホワイトソースとじっくりオーブンで焼いてます。

結婚式などで饗される料理ですが、冷凍物と違ってさすがに生は美味しい。
Dscn4638
続いて牛ヒレのトルネードルステーキ。

マスタードとレモンで引き締められた、すっきりとした食べやすい味付けは万人に愛される谷やんらしいお味です。
Dscn4641
〆はバジル風味のクリームパスタ。
Dscn4643
デザートとコーヒーも。
Dscn4646
老若男女に愛されるこの店はいつ来ても安心できる味。

この日は谷やんがホテル時代からの常連という県外からのお客さんなどもいて、長くおつきあいできる店なんだなと再認識させられました。

 

| | コメント (0)

カフェえんがわ

商売っていうのは難しいと思う。

店主の持っている理想と、現実の事業としての収支のギャップ。
049
カフェえんがわは洲本市内の古民家を再利用したカフェ。

女性客が好みそうないい雰囲気を醸し出している。
051
お昼のランチメニューも女性が好みそうなヘルシーで野菜中心の定食メニュー。
046
当然、品数もそこそこ揃えて健康的にということになってくるのだろうけど、女性店主ひとりで切り盛りする店では限界がある。

淡路島には上質の食材が沢山あるのだが、それを生かし切るのはこれまた大変。

どうしても既成の食材や安い輸入、冷凍食品を活用して品数を増やしていくことになる。

良い雰囲気の店だけにがんばって欲しいものだが、無理のない範囲で営業する工夫が必要になってくるのかもしれません。

| | コメント (1)

ブラザーズ・グリム

Img_456138_6471857_01
いかさまの魔物退治で賞金稼ぎの旅を続けるグリム兄弟。
フランスの将軍に捉えられた彼らが送り込まれたのは、少女が次々と姿を消す村。

この村の森には伝説の魔女の眠る棟がある。

奇才テリー・ギリアム監督がグリム童話を題材に描く映画。

ややきつめのブラックユーモアが効いてて独特の世界感。

若い頃はそうでもなかったけど、最近テリー・ギリアム良いなぁと感じてます。

グリム童話とか世界史に詳しければもっと楽しめたのだろうけど、それを差し引いても個人的には大いに楽しめた映画てした。

| | コメント (0)

ヤマトのガミラスカレー

052_3
以前、高級鉄板焼き屋があった場所にこれまた高級そうな和牛しゃぶしゃぶ屋がオープンした。

当然敷居が高くて寄りつけないお店なのだが、平日のお昼にランチカレーをやっていることを発見。

ちょこっと寄ってみました。

店名はヤマト
Img_364719_59695829_01
で、カレーはガミラスカレーって・・・??
Dethlar1
ちなみにお味は普通でした
Dscn4535

| | コメント (0)

バッフィ

010
洲本市内にある映画館、オリオンのすぐ向かいにあるカレーショップバッフィ

かつては賑わいを見せたであろう路地にポツンと残る佇まい。
Dscn4527
カレーはお代は安いけれどお味は普通

そういえば子供の頃、父と映画を観にいくとよくカレーを食べさせてもらったものでした。

ここもそんな店だったのかもしれませんね。

店内にはお孫さんが描いたのか?
こんなのも飾ってました。
Dscn4526

| | コメント (0)

ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー

仕事の用で徳島へ行くも夕方は洲本にトンボ返り。
Dscn4677
イオンでボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーのハーフボトルを買って帰る。

肴はフーズナカガワさんのアンキモ。
Dscn4672_01
ここのアンキモはホントに絶妙。
Dscn4673
この時期大好物の由良産ヒイカも買って帰る。

今年はちょっと奮発してボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーをゲットしたけど、これなかなかいけてます。

ヌーヴォーにそんなに思い入れはないんだけどね

デザートに徳島のオゥ・ポワヴルで買ってきたシュークリームとアルザス風りんごのパイを食べる。
Dscn4682

Dscn4687
さすがに美味しいです

なかなか昨夜は良い飲酒ライフでした。

| | コメント (0)

ショコラ


Img_785863_32728692_01_3
フランスの片田舎、古い因習に囚われた村に北風と共にやって来た親子が小さなチョコレートショップを開く。
彼女の作るチョコレートはストイックに生きることに縛られた村人達を次第に解放してゆく。

悩みや確執を抱える個性的な村人達の人間模様とチョコレートを口にすることによって古い因習から解きほぐされ、解放されていく様がファンタスティックに描かれていて重苦しくなりがちな物語を洒落た作品に仕上げている。

そういえば先日の城下町洲本レトロなまち歩きでローフードチョコレートを作っている女性に出会った。
045

047

046
買って帰ったチョコレートは手作り感満載の品。
143

147_01
プロフェッショナルなショコラティエの作品とはまた違った味わいがあった。

砂糖、乳製品を使っていないローフードということだが、映画ショコラの中ではチョコレートは甘美な誘惑をしかけるジャンクな味わいに描かれていた。

同じチョコレートでも真逆の世界。

洲本で12月から工房を営む彼女はこれからベルギーに行ってチョコレート作りも体験してくるらしい。

是非、世界最高峰のチョコレートの国ベルギーで多くのものを吸収してきて欲しいものです。

| | コメント (0)

城下町洲本レトロなまち歩き 第2回

170
今春に開かれて好評だったイベント、城下町洲本レトロなまち歩きの第2回が洲本市の商店街で開催されました。
190_2
今回はミニイベントと銘打っていたのでどんな感じなんだろうと心配していたけれど、なかなかどうして、良い催しになってました。
128_2

129

130_2
洲本の商店街は他の多くの地方都市同様、シャッター通り商店街となってしまってますが、手付かずの商店が空き家となって古い町並みがそのまま残り、レトロな味わいのある町並みとなっています。
085_2

036
その空き店舗を利用しての蚤の市的イベントです。

最近は昭和レトロをイメージした飲食店なんかも出来てますが、作られた空間でないかつての生活なごりがいい雰囲気を醸し出しています。
196_3

淡路島の本を出版するため、道行く人に淡路島の好きなところを聞くブース。
155
好きなところを答えると写真を撮られたのでこちらも撮らせてもらいました。
159_2
たまご屋さんのブースではひよこプールがあって子供達も大喜び。
187

106

182


131
玉子かけご飯食べそびれた
134_2
お菓子や手作りチョコレートを販売する人達も。
139
街角には歌をうたう人やヨガ教室まで。
048

195

177

147

076

193

161


059

終いには大名行列まで登場
082_2
今回のイベントも楽しませてもらいました


159



196_2

 

 

| | コメント (0)

北淡震災記念公園~野島断層保存館~

108
野島スコーラ
へ行った後は、平成7年1月17日未明におきた阪神・淡路大震災の際に地上に隆起した活断層を保存している野島断層保存館を訪れる。
113
圧倒的な自然の力を目の当たりにすると、改めて人間の卑小さを思い知らされる。
130

128
所詮人間も地球を構成する歯車のひとつに過ぎない。

傲り高ぶることなく生きることの大切さを痛感しました。
105

| | コメント (0)

のじまスコーラ

005
廃校になった北淡の野島小学校後を派遣会社の大手パソナグループが再利用しておしゃれなカフェ&レストランのじまスコーラを営んでいるらしい。

ということで、秋晴れの気持ちの良い日を選んで、ドライブがてら行ってみる。

洲本市内から高速道路を使わずに下道を走って1時間あまり。

カフェでランチセットをいただく。

メニューは水菜がどっさりかかったペペロンチーノと4種のチーズピザセット。
Dscn4572
パスタは野菜たっぷりでヘルシーだが、個人的にはもう少しパンチが欲しいところ。
Dscn4574
ピザはまずまず普通に美味しいという感じ。
009

012
サラダバーも併設されていて、オリジナルのバジル、ニンジン等を使ったドレッシングが美味しい。
Dscn4579

Dscn4580
デザートはティラミスとクリームチーズ・ブリュレをチョイス。
078
海の見える席もあり、晴天の下、気持ちの良いカフェです。
028

020

021

029

025

027
農業支援に力を入れている企業ということもあって店内では野菜やオリジナルの食品、パンなどの販売もおこなっている。
047_01

057_01

094
旧校庭の端ではヤギもいてなんだか癒される

070

074_02
帰り際にゴールデンパインと人参&おとぎり草、だだちゃ豆&焼きトウモロコシのジェラードを屋外のテラスで食べる。
073_01
意外な素材の組み合わせが面白い。

元々、公共の場であった小学校がこんな風に使われるというのは悪くない。
060_02
洲本からはちょっと遠くて、そう再々は来られないけれど、おしゃれでメニューも野菜中心のヘルシーなものが多く、関西方面から淡路島に遊びに来る女性観光客にはいい感じかも?

ちなみに翌日のお昼ご飯はこちらで買って帰ったパン。
031
牛スジカレーパン。
032_2
イチヂクのデニッシュも美味しかったです。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »