« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

中秋に月はナシ。

本当なら今日は満月。・・・のはずが台風17号のおかげで月はナシ。

香港の塩玉子入りの月餅でも食べて気分だけでもお月見です。
Dscn4401

| | コメント (0)

グースベリー珈琲店

016
お値段高めで、食事メニューもなし。

こだわりのスタイルながらやや古風。

一見を拒むかのようなストイックさを感じる喫茶店。

なかなか使い勝手が難しい。

私にとってはちょっと敷居が高すぎます。
012

| | コメント (2)

日本料理の技

003
洲本市の福乃屋でお昼のサービスセットを食べる。
002
ちらし寿司とにゅうめん、お刺身のセットだったのを特別に冷やし素麺に変えてもらう。

出汁のとり方、刺身の切り方どれをとっても日本料理の技が生きている。

素人の私にはとてもマネが出来ない世界です。

最近は伝統ある料理店でも出来合いの冷凍物を使ってるところも多い中、貴重なお店です。

| | コメント (0)

すえひろ 緑店のジェラート

Dscn4306
ケーキも美味しい淡路島の洋菓子店、すえひろ 緑店でジェラートを食べる。

グレープフルーツのシャーベットときなこのジェラートをダブルで。
Dscn4305
きなののジェラートには求肥も入っていてなかなか美味しい。

淡路島地元民には高級洋菓子店として知られているみたいですが、ケーキもジェラートも神戸・大阪なんかと比べればそんなに高くないと思います。

地元素材を使ったジェラートなんかも豊富なようなので季節を変えてまた食べてみたいです。

| | コメント (0)

銀麺

ちょっと遅めの昼食を摂りに洲本市内のラーメン屋、銀麺に行く。
Dscn4356
レトロ風の変な看板が気をひく店構えたが、売りは京都風豚骨醤油ラーメンらしい。

淡路島では珍しいこってりラーメンをいただく。
Dscn4353
確かに京都風か?天一を思わせる濃厚さ。

味的には悪くないけど最後の方はちょっときつかった。

最近、歳のせいかあまりこってりしたラーメンは受け付けなくなってきたのかなぁ

| | コメント (0)

月餅

日本でお彼岸といえばおはぎだが、香港でこの時期に食すお菓子といえば月餅。

伝統的なものもあるが、最近はこんなものが若者の間では人気のようです。
Dscn4364_2
カスタード月餅。
Dscn4365

Dscn4366
甘すぎず、それでいて濃厚。

小振りで食べやすい大きさです。

空色もすっかり秋の彩りです。
Dscn4360

| | コメント (0)

初秋のスィーツ

酒も呑むし、甘い物も食べる。

南あわじ市にある菓子工房ルミエール
Dscn4335
フルーツたっぷり、生クリームも美味しいけれどお値段据え置きの嬉しいお店。
Dscn4344
マンゴーとチョコレート。
Dscn4348
カボチャのケーキ。
Dscn4345
モンブランも。
Dscn4343
そしてナシとブドウ、イチヂクのケーキ。

淡路島はイチヂクの栽培が結構盛んなのです。

今の時期、イチヂクの優しい甘さが生クリームには一番なじみます。

ちなみにこちらは日洋堂のイチヂクの生パイ。
Dscn4139
ナルトオレンジのジュレ。
Dscn4147
そして徳島オゥ・ポワヴルのイチジクのコンポート。
Dscn4238
オゥ・ポワヴルでは小夏のレアチーズケーキもいただきました。
Dscn4239

| | コメント (0)

東光湯

Kakoayxxlhtrill6pnbl1
休日の夕刻、洲本市内にレトロな佇まいを今に残す銭湯、東光湯のサウナで汗を流す。

もちろんその後はビールで水分補給である。

正しい休日の過ごし方なのである。
018


| | コメント (0)

ナスの和風ミートソース

009
妻、不在の週末にひとりで谷やんの店で日替わりランチ。

まずは少しターメリックの香る具沢山のスープとモロヘイヤ入りのサラダ。
001

005
この日のメインは長茄子を使った和風ミートソース。

キレイに盛りつけられたミドリの色鮮やかな長茄子メインにピーマン、カボチャの素揚げとご飯によく合うそぼろ餡風の和風ミートソースは絶品。
007
白ご飯とおにぎりから選べるご飯は南高梅の混ぜご飯で作ったおにぎりをセレクト。
008
いつもなにかしら驚きがあるメニューと、このセットが750円というコスパの高さ。

この日も流石の美味しさにまたまた脱帽でした。

| | コメント (0)

秋ビール

毎年私に秋の訪れを感じさせるもの。

秋ビールです
Dscn4228
キリンの秋味を皮切りに各メーカーが期間限定で次々発売を開始してます。

今回は色々買って呑み比べ。

どのメーカーもちょっと濃いめでアルコール度数も高いみたいです。

おつまみは徳島の大分唐揚げの店、鶏笑で買った唐揚げ。
Dscn4226
ニンニク醤油のいい香りがします
Dscn4230
そしてフーズナカガワさんでゲットしたマルアジの刺身と大好物のヒイカを茹がいたのを芥子酢味噌で。
Dscn4236

Dscn4232
淡路島で迎える二度目の秋。
やり残しのないよう楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

casa marino

Dscn4225
久しぶりの徳島で映画を観た後は、これまた久しぶりに蔵本のカーサ・マリーノでランチ。

ピザとパスタがセレクト出来るナポリランチをチョイス。

妻とシェアしていただきました。

まずは前菜。
Dscn4217
コレを食べに子の店に来ていると言っても過言ではないくらい、大好きな前菜盛り合わせ。

この日のキッシュも絶品です。
Dscn4215
そして自家製モチモチのパン。<岩塩が練り込まれてて美味
Dscn4218
ナスのパスタはアルデンテで美味しい。

実は私、この店のパスタが乾麺としては知り得るイタリア料理店の中で一番大好きなのです。
Dscn4220
サラミとオリーブのピザはモッチリ、サクサク。
Dscn4223
これにデザート、珈琲。

若い頃はペロリといけたけど、この歳になると満腹で動けなくなりそうです~

| | コメント (0)

人生、いろどり

Irodori_main_3
徳島県上勝町を舞台にした映画
人生、いろどりを観に久しぶりに徳島へ。
フジグラン北島のシネコン、シネマサンシャインにやってきた。
Dscn4212_3
実はこの映画、うちの会社も肩入れしてて、なかば無理やりチケットを買わされたのだが、まぁ映画は好きだし嫌な気分ではない。
Dscn4213_01_3
地味な映画みたいだし、地元といえどあまり集客は見込めないのかな?と思いきや劇場前はジジババで長蛇の列

なんとか席を確保して劇場入り。

さて、肝心の映画はというと、実話に基づくストーリーだけに派手な演出もなく物語は進んでゆく。

山間の過疎地、上勝町が舞台なだけに演じる役者もベテラン勢だが、主演の吉行 和子をはじめ流石の演技。

この映画は役者が支えた作品だと思いました。

| | コメント (0)

My Blueberry Nights

Photo_2
香港の映画監督、ウォン・カーウァイ初の英語作品というマイ・ブルーベリー・ナイツは往年のウォン・カーウァイ監督とクリストファー・ドイルの映像を彷彿とさせる映画だった。

ノラ・ジョーンズの役所も「恋する惑星」のフェイ・ウォンみたいだったし、ジュード・ロウも格好良かった。

ウォン・カーウァイ監督作品ということで端からストーリーは理解の範疇外と覚悟済みだったが、意外に分かりやすい恋愛映画だった。

もっとも往年の攻撃的ともいえる荒々しさはなくなってて、過去の自身の作品へのオマージュ的映画になっているように感じた。

おそらく今後、ウォン・カーウァイはこの手の映像は撮らないだろう。

この映画は彼の過去への決別のようにも思えた。

| | コメント (0)

陸羽のジャスミン茶

Dscn4114
香港のスーパーマーケットで買った陸羽のジャスミン茶ティーパック。

夜のくつろぎタイムに飲むとなんだか落ち着きます

| | コメント (0)

外賈!香港

5月に行った香港旅行で、よく使った広東語。

「外賈!(ほいまい)」

要するにお持ち帰りなのだが、発音が難しい広東語でも流石にこれはよく通じる。

ホテルに色々戦利品を持ち帰ったのであった。
Dscn3466

Dscn3468_2

Dscn3341_2

Dscn3344

Dscn3204
最近、大行列で近づけない澳洲牛奶公司で人気の奶茶(ミルクティー)と牛乳プリン、玉子プリンをゲット。
Dscn3519_2

Dscn3526
深夜まで若者で賑わう甜品店、松記糖水ではマンゴーと柑橘系のポメロがさわやかな楊枝甘露を、こちらのはココナッツミルクが多めでコクのある味わいです。
Dscn2920_3
コンビニで買った定番のオレンジジュース、果汁先生

その他にもいろいろ・・・香港の街ごとお持ち帰りしたい気分です

| | コメント (0)

石窯ピザ丸

Dscn3828
南あわじ市の石窯ピザ丸に行ってきました。

定番のマルゲリータ。
Dscn3824
マリナーラはなかなか良かった。
Dscn3826
ナポリピッツァ風のピザをお手軽価格で食べさせてくれる店です。

ピザのお味はまずまずですが、お店のシステムや接客にまだまだ改善の余地あり、ですね。

これで居心地よく、まったりとした気分で食事が楽しめると最高だと思います。

こだわりを持ってやられているだけに地元に根ざせるようにがんばって欲しい店です。

| | コメント (0)

オカンの嫁入り

Image4_8
劇場公開時にはさして関心も湧かなかった映画だったが、何かの本で、監督の呉 美保が作ったお弁当の記事をみて、在日3世の若い女性監督に俄然興味が湧いてきた。

大竹しのぶ、宮崎あおいは現代日本では大好きな女優さんだし、どんな感じの映画なのかとそんなに大きな期待も持たずに観たのだが、これが面白かった。

まずは映像。

後に大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業と聞いて納得。

落ち着いたトーンの大阪の景色が心に染みる。

宮崎あおいも可愛いし、最近流行の単なるお涙ちょうだい映画ではなく、脚本もしっかりしていて家族のつながりを描いた名作だと思います。

肩肘張らずに笑ったり泣いたりしながら観たい作品です。

| | コメント (0)

初秋の家呑み

夏風邪をこじらせていたのもようやっと回復してきたので、いつものように週末家呑み復活
Dscn4130

Dscn4124
カツオの刺身にイワシのタタキ。
Dscn4120
赤オクラは生で食べてみる。
Dscn4122
これに甲州の勝沼醸造の白ワイン。

季節は夏→秋。
呑みにも初秋の季節感が出てきました。

| | コメント (0)

9月のたにやん

Dscn4118
本当に久しぶりにたにやんの店に行った。

おそらく1ヶ月以上ぶり。

満席のため暫し待って、カウンターへ。

いつもの如く日替わりランチをいただく。
Dscn4116_2
ゴマの衣が香ばしいポークカツ。
Dscn4115
サラダのスパゲティもなんだかいい感じ。
Dscn4117_2
ご飯も梅とシソの香るおむすびです。

ここの日替わりランチはいつも特別な感じがあります。

今日は月初の初日だったので、1ヶ月分のランチメニューも見えて、垂涎・・

Dscn4119
久しぶりの谷やんとの会話も楽しく、やはりこの店はいいなあと再認識したのでした

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »