« I Love Baby Mammoth Lyuba | トップページ | 猫が顔を洗うと・・・・ »

方榮記沙嗲牛肉專家

ずっと、鍋料理は日本に限ると思っていた。

日本の中華料理店で中国風の鍋物を食べたこともあったが、正直あまりピンときていなかった。

その考えがガラッと覆されたのはこの店に来てから。
Dscn3197
方榮記沙嗲牛肉專家

かつてあの今は無き九龍城壁の中で営業していたという老舗の火鍋店である。

今回久しぶりの再訪。
Dscn3191

Dscn3190
スープはこの店発祥といわれる白湯とサテスープ2色の鴛鴦鍋。
Dscn3193
そして名物の牛肉。
Dscn3194
レタス、空芯菜などの野菜盛り合わせ。
Dscn3195
好物のイカ。

二人で食べるとなるとこのくらいが限界。
Dscn3192
ビールで喉を潤し、楽しむ。
Dscn3196
隣の席にフェラガモの大きな紙袋をさげた日本人カップルがやって来た。

大人しそうな男性と、快活そうな女性のカップル。

どうやらこの本を見てきたみたい。
51t8rlvvoll_sl500_aa300_1_2
香港の黒社会の人達に愛されるこの店(実際、隣の席の人はどう見てもその筋の人みたいだった)にフェラガモは明らかに不釣り合い

おそらく半ば強引に彼女に連れてこられたんだろう男性は終始リードされっぱなし。

紙袋をヌルヌルの床に直に置いて、食べきれないほどの食材をテーブルに並べ、給仕のおじさんにカメラを渡し記念写真を撮ってもらう彼女の勇気には敬服しました。

いや、貴女たちきっと幸せになるよ

我々はお先に退散とばかりに店を後にした。

|

« I Love Baby Mammoth Lyuba | トップページ | 猫が顔を洗うと・・・・ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

香港」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。