« 油麻地天后廟 | トップページ | 許留山で新作マンゴーデザートに挑戦する。 »

金山海鮮酒家

Dscn2895_4
最近香港での宿泊地はもっぱら佐敦

いつも夜ホテルに妻を残してフラフラ散策していて、その行列にいつも心惹かれている店があった。
Dscn2871
それが金山海鮮酒家

何度も入ろうとして、断念したこの店に今回やっと訪れることが出来ました。

香港のクチコミサイトOpenRice海鮮部門で堂々の一番人気店のこちら、早めの時間に飛び込んでようやく二人分の席をゲット。

今回、香港旅行前からなんだか海鮮料理付いていて、どうしても行きたかった店だったのです。

店内に案内されると、老給仕のおじさんが、日本語メニューを持ってきたりあれこれ世話を焼かれます。

伊勢エビやら蝦蛄などを盛んに勧めてくるのですが、そこは下調べ万全で挑んだこちら、まずはこの店の名物の茹で鶏、雲英雞を半羽で注文。
Dscn2836
付き出しの揚げピーナッツで青島ビールを飲みながら待つこと暫し、出てきました
Dscn2838
茹でてから醤油ベースのタレ漬けにしているのか、ほんのり黄色がかった色が付いています。
Dscn2843
これが全くパサパサ感もなくすんごい滑らか。

添えられたネギ生姜ダレを付けて食べると絶品です。

更にマテ貝の豆鼓蒸し、豉椒炒聖子王も出てくる。
Dscn2845
これが、びっくりのビッグサイズ

こんなに大きなマテ貝は見たことがありません。

ちょいピリ辛のこちらも激旨

そして出ましたいよいよ真打ちのガルーパの蒸し物、蒸老虎班

ガルーパはハタ科の魚で香港では最高級魚。

「小さいけどHK$125でどう?」

とおじさんに勧められてビックリ

HK$350が最低ラインだと覚悟していただけに迷わず頼んでしまいました。

でも出てきた魚はそんなに小さいわけでもなく二人で食べるには十分。

おじさんも料理を持ってくるなり、

「ガルーパ写真を撮れ

で、こちらがその写真。
Dscn2854

Dscn2858
その後、フォークとナイフで魚を捌いてもらい、この料理お約束の白ご飯に身と魚の出汁が出たタレをかけて頬張る。
Dscn2861
ゼラチン質プルプルで蒸し加減もとろけるように柔らかく絶妙。

〆にサービスの緑豆汁粉をいただき、お勘定。
Dscn2866
「チップはこっそり胸ポケットに入れろ。」

とジョークをとばすおじさんに他の従業員も苦笑い。

でも、おじさんのおかげで楽しく美味しい食事がいただけたのも事実。

握手を交わし、満席の店内を後にしたのでした。

食事中、周りの席で注文していたメニューも興味津々のものばかり、香港でまた再訪したい店が出来ました。

|

« 油麻地天后廟 | トップページ | 許留山で新作マンゴーデザートに挑戦する。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

香港」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。