« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

シンタマ

淡路島といえばタマネギ。

洲本市の洋菓子店、日洋堂にはタマネギケーキのシンタマがあります。
Dscn2002_2
食べた人には賛否両論ですが、砂糖好き、メレンゲ好きの私は大好物です。

ちなみにこちらはチェリーケーキ。
Dscn2004
大人の味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春パスタ

大分季節も春めいてきました。
Dscn1976
春らしいパスタをいただきに東浦のTRICOさんへ。

相変わらず素晴らしい前菜。
Dscn1975
春ニンジンのパンナコッタは見目も美しい。
Dscn1977
タマネギの濃厚なソース。

ワインが飲みたくなります。
Dscn1978
手打ち麺のカルボナーラです。

島素材の生かし方、自分のイメージを形にする才能はずば抜けてる店ですね。

ちなみにシェフに教えてもらったイカナゴのフリッタータをつくってみました。
たっぷりのオリーブオイルで炒めた卵焼きです。
Dscn1980


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キスの刺身

Dscn1248
フーズなかがわで造ってもらったキスの刺身。
皮も霜降りにしてもらって芸が細かい。

淡白かな?と思ってたら意外に旨味があってびっくり

注文もしてないのに有無を言わさずお造りになって出てきた。

こんなときは本当に当たりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

香港GARDEN 再訪

Dscn1961
淡路市にある香港GARDEN でペアランチをいただく。
Dscn1948
前菜は蒸し鶏、叉焼、アジのマリネ。

蒸し鶏のネギソースが香港チックです。
Dscn1953
海苔のスープ。

上品なスープに海苔の食感が合わさって良い感じ。
Dscn1951

Dscn1954
点心は叉焼饅、淡路牛の焼売、韮餅etc。
Dscn1956
メインはキスとアナゴのフリッター、梅ソース。

美味しいけど、骨をとるのか丸ごとかぶりつきかを迷うサイズと揚げ加減。
Dscn1957
ホウレン草のお粥。

滋味深い味わい。
Dscn1959
豆乳ベースのデザートと紅芋のケーキ。

牛乳より素材の味が生きるかも?

こうしてつらつらと書くと、凄い贅沢メニューみたいだけど、意外にリーズナブルな
ランチメニューなのです。

ここのシェフは天才的ではないけど、努力家だと思う。

努力に勝る才能なしともいいますし、これからも精進して美味しいものを食べさせてもらいたいと思っています。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかなご

Dscn1979

Dscn1970

Dscn1973
イカナゴの季節です。

くぎ煮に釜揚げ、生食まで色々楽しんでます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年

思えば淡路島に来てから1年が経った。

あの震災があったのは、まだ、週末に徳島と行き来していたときだった。

津波の影響で帰りの高速道路、鳴門北ICは封鎖されていたし、カーラジオから流れるのは錯綜した首都圏の情報ばかり。

異様な雰囲気の中で、言いようのない不安に襲われていた。

人の無力さと命のはかなさを感じながらも、生きていくことの意味を問い直した1年だったように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »