« ちょこっと阿波踊り | トップページ | グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン- »

ありい亭

淡路島に来て一度は行ってみたかった焼肉店、ありい亭へやっと行くことができました。

以前、当日では予約が取れなかったので、今回は3日前に電話で予約。

開店直後の11時半に滑り込みました

Cimg0064
淡路市の山際に建つ入母屋造りの農家そのものの店。

店の前のトラクターや牧草、そして道々に点々と落ちる牛糞がこの店の素性を物語ってくれます。

そう、ありい亭は畜産農家直営の焼肉店。

淡路牛が格安で食べられる店として島内外で知る人ぞ知る店なのです。

この日食べたもの。
Cimg0057
塩タン。

久しぶりにこのレベルの塩タン食べました
Cimg0056
レバーとハツ。

レバーはまずまずだが、ハツはいい感じ。
Cimg0059
テッチャン。

悪くない。
Cimg0060
バラ。

噛み応えのある赤身が美味しい。
Cimg0054
焼き野菜はなんと100円なり~
Cimg0061
じゅう~じゅう~焼いて
Cimg0055
とろりとしてさっぱりの中にも甘さがあるタレを付けて、
Cimg0063_3
オン・ザ・ライス

もちろんご飯は大盛り

これだけ食べてお代はふたりで2,500円。

噂に違わぬお安さです。

この日は車なので我慢したけど、ドリンクも生ビール350円、ソフトドリンク100円と格安です。

ネット上ではサービスがイマイチとか肉質に不満の声も上がってますが、田舎のおじさんおばさん、親戚の高校生の女の子が一生懸命手伝っている姿は微笑ましかったです。

昨今の牛肉問題で色々大変でしょうが、どうかここでも自慢の生肉が食べられるようになって欲しいものです。

|

« ちょこっと阿波踊り | トップページ | グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン- »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

淡路島」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありい亭:

« ちょこっと阿波踊り | トップページ | グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン- »