« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ゆいまーる宴会

Cimg0051
徳島の沖縄料理店ニライカナイで宴会。

三線、ギターで大騒ぎ

しばらくお別れと思うと、この賑やかさも少し寂しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洲本港の朝

Cimg0076
朝の洲本港。
Cimg0078
サギがエサを求めてたたずんでいる。

ここは釣りも盛んらしい。

子供の頃親しんだ趣味を復活させてもいいけど、あんまりやりたいこと増やすのもネ・・・悩み中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お魚食堂 「弘伸丸」

Cimg0082
前々から噂には聞いていたのですが、自宅から遠いこともあってなかなか行けずにいたお魚食堂 「弘伸丸」へ初訪問。

どこで聞いても満点評価のこの店は伊座利の漁師直営の食堂。
Cimg0078
はためく大漁旗を目当てにオープンの11時に駆けつけたのですが、平日にもかかわらずほぼ満席状態。

やっぱりお刺身定食でしょ。ということで、注文。
Cimg0079
噂通りの凄いボリューム

偽りのない漁師食堂だけあって魚は全て地魚。

タチウオ、ハマチ等のお刺身盛り合わせは、ご飯3杯お代わりしてもまだ残ってました。

他の席の人が食べてた、皿からはみ出る1匹の煮魚定食も美味しそうでした。

私の徳島食堂ランキングでもいきなりトップに躍り出てきた感じ。
Cimg0080
また行きたいけど、淡路島からはちょっと遠いなぁ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PARS CUISINE

前々からガイドブックなんかで見て気になっていた神戸トアウエストのペルシャ料理店PARS CUISINE へ行く。

今トレンドのトアウエストということで雰囲気重視かと、あまり期待せずに店先に到着。
Cimg0061
が、ビル横の階段の上に見える控えめな看板。
香港の雑居ビルの店舗っぽいディープな佇まいの店にビビビッと電気が走る。

いい店に出会った予感

階段を昇って入った店内は意外に広くてきれい。

メニューを見せてもらって考えるのももどかしく、週末限定のランチビュッフェを注文。<せっかくだし、やっぱり色々食べたいじゃん
Cimg0052
豆とお米のスープはさっぱり薄味。

インド料理と違って、ふんわりハーブの香りが漂うカレーもマイルド。
Cimg0051
鶏肉のトマト煮、ナスのトマト煮を長粒米のバスマティ米にぶっかけて食べる。

炊飯器を開けたときの長粒米独特の香りが、異国の気分にさせてくれます。

ビーフ&ラムのケバブは焼きたてを出してくれる。
やはり肉はお祈りをすませたハラルフードらしい。
Cimg0055
それに少々酸味のきいたスパイスをかけて食べると絶品
Cimg0056
大好きなピクルスを山盛りにしてサラダをいただく。
Cimg0053
〆はフルーツカクテルとバラのブラマンジェ。
Cimg0058
そしてチャイ。
Cimg0060
満腹~満足

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんくる

引っ越しが終わる春までは淡路島でプチ単身赴任状態。

テレビもパソコンもない部屋でひとりいるのも味気ないので、ご近所を散策・・・といっても、この辺り商店もなければ、街灯すらほとんどなく夜は真っ暗

でも、探せばあるものです。暗がりの中にひそかに看板の明かりが・・・。
Photo
近づいてみると、看板に書かれた店名は「なんくる」。

店に入ると、カウンターの上には泡盛がずらり。
Photo_2
どうも、沖縄好き店主のやっている創作居酒屋のようです。
Photo_3
この店名物のぼっかけラーメンをいただき、店主(女性)にお話を聞くと、かつて三線も習ってたようで、しかも私が居たのと同時期に塚口で住んでいたらしい。

奇遇です。

どうもどこに行っても人の縁というのはつながっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR吹絃、閉店

徳島は栄町にあるBAR吹絃が3月19日をもって閉店するそうです。

たまに顔を出して親しくなっていただけに閉店は残念。

津軽三味線と三線という異色のコラボの演奏が聞けるのもあとわずか、機会がある人は足を運んでみてください。
Cimg0056

Cimg0057

Cimg0058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島ライフ、スタート

例によって突然の人事異動で淡路島は洲本市に転勤。

ばたばたと慌ただしく新居を決めたものの、妻の仕事の関係もあり、当面は単身赴任状態。

まだ戸惑いの中にいる状態ですが、この島で何か新しいものに出会えればと前向きに捉えていこうと思ってます。

このブログでも淡路島情報も発信していきますので、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »