« 世界のどこかで居候 | トップページ | 南インド cafe dining chalte chalte »

SOSの猿

SOSの猿 Book SOSの猿

著者:伊坂 幸太郎
販売元:中央公論新社
発売日:2009/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近の伊坂 幸太郎の作品には往年のファンからのパッシングが多い。

確かに初期のミステリアスで独特の構成は影を薄くし、単純で解りやすい小説になっているのがつまらないという気持ちは分からないでもないが、それでもスタイリッシュで上質のエンターテーメントを提供し続けている氏の存在は活字離れが嘆かれている現代文壇においては貴重な存在だと思う。

むしろ初期より今の方が読みやすく、初めて伊坂作品を読む若い世代には受け入れられやすいんじゃないでしょうか?

本作は西遊記という下地に、家電量販店の店員にして副業はエクソシストという遠藤二郎と一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する五十嵐真。
ふたりの人物の登場するふたつの世界が交錯して展開するという伊坂ワールドお得意の展開。

最初に書いたように旧来のファンからは賛否両論あるようでしたが、私的には西遊記ネタも面白くて楽しめました。

|

« 世界のどこかで居候 | トップページ | 南インド cafe dining chalte chalte »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SOSの猿:

« 世界のどこかで居候 | トップページ | 南インド cafe dining chalte chalte »