« ゆかい社中そらぐみ | トップページ | 韓国冷麺&ビビン麺 »

たぶん彼女は豆を挽く

たぶん彼女は豆を挽く Book たぶん彼女は豆を挽く

著者:庄野 雄治
販売元:mille books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うちの近所にある喫茶店、aalto coffeeの店主、庄野 雄治さんが本を出しました。

店の定休日と営業時間が私のライフサイクルと合わないので、正直ここのお店には滅多に行かないのですが、クリアで押しつけがましくないここの珈琲はたまに飲むと落ち着きます。

店に行っても特に話をするわけでもなく、雑誌を読みながらまったりと過ごすだけなので、店主の人となりは知りませんでしたが、この本を読むとロマンチストでマイペースな人柄がうかがい知れます。

徳島という田舎にありながら、なぜか全国区で一部有名になっている店。

珈琲は嗜好品なので、味だけでなくどんな付加価値を見つけるかがより楽しむポイントだと思うんだけど、そういう意味ではここのナチュラルでスローな珈琲スタイルは時代のニーズに合ったんでしょうね。

|

« ゆかい社中そらぐみ | トップページ | 韓国冷麺&ビビン麺 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たぶん彼女は豆を挽く:

« ゆかい社中そらぐみ | トップページ | 韓国冷麺&ビビン麺 »