« 沖縄ディープインパクト食堂 | トップページ | 中国で、呑んだ!喰った!キゼツした! »

ひたすら歩いた沖縄

ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行 Book ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行

著者:カベルナリア吉田
販売元:彩流社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


沖縄本島、宮古、八重山を文字通りひたすら歩いた沖縄旅行記。

著者の沖縄旅行本は多数あるが、その決定版とでもいうべき一冊。

特に離島より前半の本島の方が面白いような気がする。

やはりアメリカ統治下の名残かチャンプルー度が高いような気がするし、ディープ度も高い。

米軍景気で沸いた町が寂れているのを嘆きつつ、食堂や商店でその土地ならではの空気にまみれる。

綺麗な写真で彩られた沖縄本に飽き飽きしている人向けの本です。

|

« 沖縄ディープインパクト食堂 | トップページ | 中国で、呑んだ!喰った!キゼツした! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら歩いた沖縄:

« 沖縄ディープインパクト食堂 | トップページ | 中国で、呑んだ!喰った!キゼツした! »