« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

ごはんのことばかり100話とちょっと

ごはんのことばかり100話とちょっと Book ごはんのことばかり100話とちょっと

著者:よしもと ばなな
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


作家のよしもとばななが自身のごはんにまつわる話をつづったショートエッセイ。

短くて読みやすいし、さすがに文章も上手。

きどっていない食卓の風景も親近感がもてる反面、私とは育ちも生活環境も、そして今置かれている立場も生活も違う人なんだなと感じてしまう。

人のふり見て・・・云々ではないけれど、もう一度身の回りの食に関する風景を見直してみたいと思わせる何かがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェルかめ

ウェルかめ―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
NHK朝の連ドラウェルかめが終了。

世界につながる編集者をめざすヒロイン、波美が故郷、徳島で成長していくという朝ドラ王道ストーリー。

正直ドラマとしてはイマイチだったけど、大きな盛り上がりもないゆるゆる感が逆に徳島らしい?

うちの近所や、徳島の見慣れた風景が出てきて地元民としては楽しかったけどね。

でも、朝の15分ドラマってよく考えられてますよね。

仕事に行く前にちゃっと見られる。

これが30分や1時間ならそうはいかないし。

まぁ、なんだかんだいいながらだらだら見させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てんこもりイタリアン~クイーン・アンヒル

本当に久しぶりに北島町のイタリアンレストラン、クイーン・アンヒルにランチに寄る。


アメリカのイタリアンレストランで修行をしていたという店主が営むこの店は味も素晴らしいがそのボリュームに驚かされる。

魚料理の得意なこの店ならではのこの日の前菜は、カンパチのカルパッチョ。
Cimg0001

エキストラバージンオリーブオイルの香りが鼻腔をくすぐる。
Cimg0002

妻の頼んだツナとベーコン、春キャベツのパスタな看板に偽りあり(いい意味でね)の菜の花、豆入りで、たっぷり二人前はあろうかという大盛り。

私の方のメインはマッシュポテトと玉ねぎ、豆、押し麦、セロリなどのたっぷり野菜のトマト煮の上に半羽はあろうかという鶏胸肉のグリルがどーんと出てきた。
Cimg0003

さすがにこれにはぎょっとしたが、気を取り直してもくもくと食べる。


鶏肉が少々塩辛いが、それ以外は徳島のイタリアンでは大好きなカーサ・マリーノと一二を争うかというくらい美味しい。

やっと食べ終わってデザートとドリンク。
Cimg0005
ドリンクに頼んだカプチーノも大振りのカフェオーレボールにたっぷり。

私たちとほぼ同時に店に来た隣席の女の子達はまだパスタの半分にもたどり着いていない様子。

そらこのボリュームは女の子にはキツかろう

この日、ワンサイズ小さめのジーンズできた私もさすがにキツイ


はち切れそうなお腹を抱えて店を出たのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚まん~老祥紀

大正4年創業の老舗。
Cimg0019

南京町の遠い親戚筋にあたるという店の長蛇の列を尻目に元町商店街を西へ歩くと赤いのれんが目をひく。

歴史を感じる店内で食べたいのをグッと我慢して持ち帰りの注文。

Cimg0033
で、連休最終日に自宅のレンジで温めて昼食にする。

Cimg0034
発行強めの生地にシンプルな豚まん。

いいね~。幸せ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京もぐもぐおいしいもの探し

東京もぐもぐおいしいもの探し Book 東京もぐもぐおいしいもの探し

著者:たかはし みき
販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

東京の美味しい店かぁ~どうせ行けんし・・・と思いつつ手にとったものの、彼女の画力にやられてしまった。

東京の老舗を中心に巡ったこの本で紹介されてる店はどれも魅力的。

千びきやのフルーツポンチ、まいせんの豚カツ定食。

あっ、そうそう。

誰か東京行ったらお土産に塩ひよこ買ってきて下さい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ケーキハウス ツマガリ

Cimg0022
ここのケーキは本当にすごいと思う。

神戸大丸にも出店はしているものの販売は焼き菓子のみ。
生ケーキはここ甲陽園の本店以外では販売しないという徹底ぶり。

いつ行ってもショーケースいっぱいに並ぶケーキの数々は見た目、ネーミングとも正直少々野暮ったい。

しかし食べてみてその味にびっくり

どれもこれも本当に美味しい

特にシンプルなものに感動を覚えるのは実力のしるし。
Cimg0027
ブランデーがたっぷり効いたスポンジ生地に生クリームをサンドしただけのオムレット。
Cimg0032
クリーミーな北海道産チーズクリームを使ったレアチーズケーキ。

クッキーのひとつをとっても丁寧に作られているのがわかる味わい。

こういうのを本物っていうんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ビーフパイ

Cimg0017

Cimg0018
神戸の洋菓子店、ユーハイムが誕生100周年を記念して期間限定で元町本店で販売している神戸ビーフパイを購入。
Cimg0030
やはり神戸元町の老舗、「大井肉店」の神戸牛を使ったビーフパイは塩胡椒のシンプルな味付け。
Cimg0031
びっくりするほど美味しいものではないけど、これをほおばりながら港町神戸の歴史に思いをはせるのも悪くないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侮りがたし、リンガーハット

Cimg0026
神戸のランチで食べ放題カレーをしたために、夕食は軽くすませようということで、リンガーハッへ行く。

長崎チャンポンと皿うどんのチェーン店として有名なこの店は、その値段の安さにも関わらず、野菜たっぷり、駐車場併設の利便性の高さから関西に住んでいるときには時々利用していた店です。

所詮はチェーン店と侮りつつも、定番の長崎チャンポンと皿うどんを注文。

そういえば、最近TVで経営危機に陥っているリンガーハットの特集をしていて、野菜は全て国産契約野菜になったとか・・・。

出てきたチャンポンを啜ってびっくり。
Cimg0024
野菜のシャキシャキ感もあり(特にネギがお気に入り)、スープも以前よりキレがある感じで、美味しくなっている。
Cimg0025
皿うどんも麺の香ばしさがあり、動物系油脂の香りか?独特の旨味。

ソースやお酢で味を変えられるのも楽しい。

なんとなく入ったのですが、これは思いがけない拾いもの。

侮りがたし、リンガーハット・・です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱり旨い!ベジタリアン~クスム本場インド家庭料理~

時とともに美化される記憶というものがある。

楽しかった思い出や、美味しかった食べ物の記憶が頭の中で何度も咀嚼されて夢とも現ともつかなくなってしまうのだ。

リーズナブルで食べ放題だから、はたまたディープな佇まいが良かったのか・・・・?

久しぶりに訪れるということで、自分の記憶に半信半疑なままハンター坂を上る。
Cimg0016
マンションの前に出ている小さな看板を確認して、エレベーターに乗るともうすでにスパイシーな香りが鼻腔を抜ける。
Cimg0014
扉を開けるといつもながらのマンションの一室にテーブルを並べただけの素っ気ない雰囲気。
Cimg0001
気にせずずかずかと入っていって席に着く。

なんと、以前と違い、日本人スタッフの方がいて日本語が通じるではないか
なんでも土日だけは日本人の従業員がいるそう。

さっそくジャンクで濃厚なマンゴージュースとサラダが運ばれる。
Cimg0002
早い

以前は席に着いてから30分近くたってようやく、運ばれてきたのに・・・。

驚きのサービス向上
Cimg0003
続いてこれまた早々にサモサがやってくる。
Cimg0005
さっくりほくほくのサモサに卓上の甘酸っぱいチャツネとスパイシーなコリアンダーソースをつけて食べる

・・・・

うまい

やっぱり旨い。
Cimg0006
そのまま怒濤のごとくカリーのプレートへ。
Cimg0011
カッテージチーズとミックスベジタブルのカリーはベジタリアンにもかかわらずクリーミーで濃厚。
Cimg0010
シナモンの効いたジャガイモと旬のグリンピースのカリーも滋味深い。
Cimg0012
レンズ豆のスパイシーなスープはしみじみうまい・・・。

食べ過ぎに注意しようと思っていたにもかかわらず、勧められるままに全てのメニューを2回もお代わり

焼きたてチャパティーも香ばしくって美味しい

人の記憶は時として美化されることがあるが、風化されることもある。

久しぶりにクスムの料理を食べて、そのスパイスで目が覚めた思い。

隣の席に座ったお客が話していたが、最近お店が混雑してきて予約が必要なときもあるとか。
Cimg0013
〆のチャイをいただきながら人気が出るのはよいけど、あまりマスコミ関係に出過ぎずいつまでも隠れ家的であってほしいと願うばかりなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言えない秘密

不能説的秘密 通常版#台湾盤# [DVD]
台湾音楽会のトップスター、ジェイ・チョウ(周 杰倫)が監督として初メガホンをとった映画。

天才的な才能をもったピアノ少年と、秘密を抱えた少女の音楽学校を舞台にした切なく、ファンタジックなラブストーリー。

なんといってもヒロイン役のグイ・ルンメイ(桂綸鎂)のはかないかわいさには参ってしまいました
あっ、後、アンソニー・ウォン(黄秋生)はやさぐれてもやっぱりかっこいいです
人気歌手の初監督作品ということばかりが脚光を浴びていたのであまり期待せずにみたのですが、脚本も映像もけっこう良くできてる。

ジェイ・チョウのマルチな才能ぶりは有名だが、端を支えるスタッフがいいんでしょうね。
(それだけ彼に人を引きつけるカリスマ性があるということだろうか?)

ストーリー展開の矛盾とか細かいあら探しをしたらきりがないけど、純な気持ちで切ないラブストーリーの世界観にひたってみるべき映画です。
16991_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

chez・nakamura

Cimg0006
休日に前々から気になってた中華料理店chez・nakamuraの前を通るとランチ営業の看板が出ている。

カウンターに腰掛け、ランチセットを注文。
Cimg0005
蒸し鶏の棒々鶏ソースと、揚げ鶏のオイスターソース風味炒め。
Cimg0004
鶏もも肉の蒸し鶏は火の通し方が見事で、技術の高さが伺えます。

なんでもお客さんの要望もあり、ランチ営業を模索している最中とのことで、お客は私一人。

こだわりの中華料理人という感じのご主人と暫し香港談義。

場所柄深夜まで営業していて、中国茶もやっているとのこと。

機会を見つけて飲みのついでに一度よってみようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンの穴

キッチンの穴―マンガお料理事件簿 (Rucola Books)
「キッチンの穴」 たけだ みりこ

高校生の頃、深夜に喉が渇いて素足で真っ暗の台所へ入った瞬間・・・。

足の裏にぬるっとした感触・・・・。

電気をつけると無惨な姿のナメクジが・・

風呂場で洗っても洗ってもヌルヌルがとれなかったという恐怖の思い出があります。

グルメorレシピ本かと思って手に取ったのですが、

この本はそんなこんなのキッチンにまつわるお話が詰め込まれた一冊。

(もちろん美味しそうなレシピもありますが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント

ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント
「ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント」朱川 湊人

ノスタルジックな幻想小説を得意とする朱川 湊人がウルトラマンワールドをノベライズ化。

私はウルトラマンメビウスはみてませんが、著者のウルトラシリーズに対する愛着とお得意の泣かせる演出がうまく調和した作品で、短編の連作小説としても良くできていると思います。

個人的には最終章「幸福の王子」の怪獣の設定が胸に染みました。

ウルトラマンに全く興味のない人が読むとどうかなぁというのはありますが、子供の頃に一度でも胸をときめかせたことがある世代なら十分楽しめる作品に仕上がっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千里伝 五嶽真形図

千里伝 五嶽真形図
「千里伝 五嶽真形図」 仁木 英之


南平群王の孫・千里、少林寺の僧・絶海、チャイダム高原の戦士・バソン。
世界を造り替える力を持つ秘宝“五嶽真形図”を巡る旅と、異界の王、共工のしもべとの戦い。

まるでロールプレイングゲームを思わせる中国ファンタジー小説です。

僕僕先生の著者が描く新たな中国ものということで期待して手に取ったが、キャラクターの設定の面白さ、世界観にストーリーがついていっていない感があります。

ちょっと凡庸なイメージ。

随所に入る美しいキャラクターのイラストも、イメージを固定してしまって逆効果になっているように感じました。

せっかく面白いキャラクター設定なので、このまま終わるのはもったいない気もします。

続刊も出るようなので、乗ってくればキャラクターが一人歩きしだして、作品を引っ張っていってくれるんじゃないかと期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらばソンブレロス!!

鳴門にあるタコスの店、ソンブレロスが閉店するということで、最後に妻と食べに行ってきた。

メキシコ系アメリカ人の店主が作るタコスは日本人とは違った感性が感じられてとても面白かったのに残念。
Cimg0051

この店に寄れるのもこの日が最後ということでフライドフィッシュ入りのタコスと大好物のスーパーナチョスのコンビネーションセットを注文。
Cimg0049

スーパーナチョスはビーフ、ポーク、チキンの3種類の肉に茹でたキドニービーンズとたっぷりのチーズ、トルティージャチップスとボリューム満天
Cimg0050
サクサクの魚フライの入ったタコスも旨い
Cimg0047

ドリンクはドクターペッパー。

うーん。やっぱり旨い

なくなってしまうのは本当に残念です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おらが大将

Cimg0007
少し前のことですが、平日に休暇をとっていたある昼下がりに、すっかりシャッター通りになってしまったアーケード街にある居酒屋のランチで鰹の刺身定食を食べる。
Cimg0003
寿司職人っぽい料理人が作る定食はプロの味と盛りつけで美味しいには美味しいが、なにか飛び抜けたものがあるわけではない。

近所のサラリーマンには人気のランチどころらしいが、日々のランチにはお値段もちょっと贅沢か?

休日のランチとしては美味しいお魚が食べたい~って時にはいいかもです。

でも、普通にこのレベルの魚が食べられるっていうのは徳島などの地方ならでは、都会ではあり得ないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ [DVD] 
先日、チリ地震の津波警報が出ていたさなか、自転車の子供たちの会話。

「ハムが好物なんだよ・・・」

津波=ポニョの話しをしてたんでしょうね。

崖の上のポニョをやっとこさ観ました。

テレビでさんざん予告とか、特番とかを見てたので新鮮さはなくなってましたが、さすがは宮崎監督という演出でした。

大人の目で見ると、「そんなバカなこと!」と思うシーンの連続ですが、子供たちには夢がある世界観だったんでしょうね。

純粋な目でものを見て、素直な気持ちで考えること。

大切にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんしんの日 2010in和庵

Cimg0001
毎年恒例の徳島三線サークルゆいまーるのイベントさんしんの日が、小松島市の和庵さんで催されました。
Cimg0008
今年は翌週に琉音という大きなイベントをかかえていることもあって大変みたいでしたが、私はそちらには参加しないということで、ピンのコーナーを設けていただきました。
Cimg0012
演奏したのは豊節~祝節でしたが、最近仕事で練習やライブから離れていたこともあって、緊張のあまり演奏が途中で止まってしまうというさんざんな出来・・
Cimg0026
練習不足を痛感しました・・・反省・・
Cimg0017
それにしても、ゆいまーるのメンバーのパフォーマンス力はホントに素晴らしい。
Cimg0013
お客さんを楽しませることにかけては今まで私が見てきたサークルの中ではピカイチかもしれません。
Cimg0037
今回も和庵さんのゆったりとした空気にも支えられて、終始穏やかにアットホームな雰囲気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »