« あけましておめでとうございます! | トップページ | 三井アウトレットパーク  マリンピア神戸 »

美酒の設計

美酒の設計
「美酒の設計」 藤田 千恵子

秋田県齋彌酒造店の高橋藤一杜氏の仕事を通じて、物作りの原点、人が誠実に働くという基本の姿勢を問うノンフィクション。

「はじめに」に書かれている美酒を醸す人たちが必ずといっていいほどに併せ持つ、共通点「清潔」、「勤勉」、「謙虚」。

どれも私が不得手とするものばかり

私は酒を醸す人ではありませんが、上記の3点は他の仕事を持つ人にも共通している大切なこと。

今年は少しでも彼らを見習って、良い仕事をしたいものです。

年末から年始にかけて読んだこの本の影響もあって、年越し酒は久しぶりの日本酒。

「睡龍 生もと純米 瓶燗火入れBY16」は熱燗がよく合います。

|

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 三井アウトレットパーク  マリンピア神戸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

睡龍、奈良にいたとき愛飲していました。
また飲みたくなりました。
今までは冷で飲んでいましたが、今度は
熱燗で飲んでみようと思います。

投稿: 茨木の住人 | 2010年1月 4日 (月) 18時00分

睡龍はやはり燗でしょう!

温度は高めの方が美味しかったですね。

投稿: POCHI | 2010年1月 4日 (月) 19時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美酒の設計:

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 三井アウトレットパーク  マリンピア神戸 »