« 強者どもが夢の後…。 | トップページ | みよし乃 »

ことり

松山は古いものを大切にする町で、考え方も保守的。
大学に通うためにこの町に住んだ当時の私には、それが少々窮屈でもあった。

でも人生も折り返しを迎える歳になってこの町を再訪すると懐かしいものが、そこかしこに残っていて嬉しい気持ちになるから不思議なもの。

今回、松山に行ってしたのは、まさに懐かしもん探し
Cimg0011
鍋焼うどんのことりもそんな店のひとつ。
Cimg0012
商店街の路地裏にひっそりと佇む古びた昭和24年創業の老舗にはGWということもあってガイドブック片手の観光客が昭和レトロを求めてやってくるのか?行列を作っていてびっくり

確かにここには作られた雰囲気ではなく、年期の醸し出した世界がある。

お昼時を外して店を覗いてみると少し人が穿けている。
Cimg0007
おばちゃんに案内されて通された小上がりのちゃぶ台に運ばれてきたアルマイトの鍋。

昔のままです
Cimg0008
柔らかいうどんに少量の肉、キザミ揚げ、カステラかまぼこ、ネギだけの質素な鍋焼うどん。

昔は出汁がもう少し甘かったかな?飲み物はラムネだけだったような?てなことを考えながら、あつあつのうどんを啜るのでした

|

« 強者どもが夢の後…。 | トップページ | みよし乃 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

松山で二日酔いになったら食べに行きます。
ことりとあさひ

投稿: 華音 | 2009年5月 7日 (木) 14時48分

華音さん、ご無沙汰です。

二日酔いによさそうなやさしいうどんですね。

でも、あの混雑ではゆっくり出来ませんね。

投稿: POCHI | 2009年5月 7日 (木) 23時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことり:

« 強者どもが夢の後…。 | トップページ | みよし乃 »