« おいしいヒミツ | トップページ | イタリア料理の本 »

わたしのイタリア料理

わたしのイタリア料理
「わたしのイタリア料理」 米沢 亜衣

高橋 みどりの本を読んでいると、頻繁にひとりの女性が登場する。

イタリア料理家の米沢 亜衣という人。

彼女、レストランのシェフというわけではないが、イタリアに滞在し、現地の食堂や家庭の料理を学んで帰ってきて、自宅で料理教室を営んだりしているらしい。

普段、西欧風のレシピ本はあまり読まない私だが、なんでかこの人のレシピにはビビッときた。

シンプルでストレートな調理法。

例えば、この本の冒頭で紹介されているレシピは、野菜を茹でて、オリーブオイルと粗塩をかけ、レモンを搾るだけ。

後、赤タマネギに塩を加え、とろんとするまで炒めて、ビネガーを加えて、酸味を飛ばしたものをカツオのタタキにのせて食べてみたり、茹でた枝豆にオリーブオイルを加えながらペーストにしたり、ビネガー入りの水(水よりビネガーが多い)で茹でたレンコンをニンニクと唐辛子で和えたマリネetc。

決して高級レストランでは味わえない、イタリア料理の神髄が書かれているように思う。

考えてみれば、アジア本には庶民の食の話は良く登場するのに、西欧の料理本はお洒落が基本なので、どうしても見た目綺麗で、豪華なレシピが中心になっているように感じます。

家庭や大衆酒場、食堂の料理が好きな私にはこんな本がぴったりきます。

|

« おいしいヒミツ | トップページ | イタリア料理の本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしのイタリア料理:

« おいしいヒミツ | トップページ | イタリア料理の本 »