« 太陽の子 | トップページ | 五目そば »

ぬりものとゴハン

ぬりものとゴハン
「ぬりものとゴハン」 赤木 智子

最初、この本を手に取ったのは食べ物エッセイだと思ったから。

でも違った。

脱サラして漆職人になった赤木 明登の妻である著者が、奥能登へ移住してからの暮らしを自由に伸び々びと書いたエッセイ。

なにより素晴らしいのは、あたりまえのことを自分の言葉で綴っているところ。

すっと言葉が体に入ってくる。

好著です。

|

« 太陽の子 | トップページ | 五目そば »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぬりものとゴハン:

« 太陽の子 | トップページ | 五目そば »