« ゆでておく 漬けておく 揚げておく 炒めておく | トップページ | 第4回 琉球民謡登川流 伊礼民謡研究所発表会 「沖縄の夜が更けて」  »

その後の ツレがうつになりまして。

その後のツレがうつになりまして。
「その後の ツレがうつになりまして。」 細川  貂々


家族のうつ病を漫画化した話題作、「ツレがうつになりまして。」の第2段。

なんにも知らずに、うつに直面した戸惑いを描いた前作の方が、エッセイ漫画としては素直に面白かったけど、今作はかなりうつ病の勉強もしてて、メッセージ性の強い内容になっている。

前作への世間の予想以上の反応から、うつは治る病だということをうつ病を患っている人とその家族に知らせてあげたいという強い使命感が描かせたマンガだと思うが、意に反して、ツレの完治は描かれておらず(不安を関知するアンテナは消えたが)、再発を恐れつつ生活する様が描かれているように感じた。

でも、それが正直なところだろうし、逆にリアルな表現となっているかも。

小学生の頃に先生から作文を書くときは身近な話題を書きなさいとよく言われたが、なるほど、身近な話題の方がリアルに訴えるものです。

|

« ゆでておく 漬けておく 揚げておく 炒めておく | トップページ | 第4回 琉球民謡登川流 伊礼民謡研究所発表会 「沖縄の夜が更けて」  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その後の ツレがうつになりまして。:

« ゆでておく 漬けておく 揚げておく 炒めておく | トップページ | 第4回 琉球民謡登川流 伊礼民謡研究所発表会 「沖縄の夜が更けて」  »