« もち歌 | トップページ | 福島橋の人柱伝説 »

ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。
「ツレがうつになりまして。」 細川  貂々

ある日、一緒に暮らしているツレ(夫)がうつ病になってしまった…。

深刻になりがちなテーマをマンガ家の妻がユーモアたっぷりに描いた漫画エッセイ。

ツレのつぶやきというエッセイコーナーで、

結婚10年目の同窓会で妻が「結婚式のときに読み上げた『誓約』を、また読み上げて胸にこみ上げるものがありました。それは『順境のときも逆境のときも、病気のときも健康のときも』というところです。去年は彼が病気で…」そこまで言って、彼女は嗚咽で先が続けられなくなった。

というくだりを読んで、涙が出そうになった。

気が付きにくいけど、大切なものが、大切な人が、いつもソコにあることを覚えておきたい。…ガンバラネバと思ったのでした。

|

« もち歌 | トップページ | 福島橋の人柱伝説 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツレがうつになりまして。:

« もち歌 | トップページ | 福島橋の人柱伝説 »