« ウー・ウェンのねぎが、おいしい。 | トップページ | オキナワ宿の夜はふけて »

なかの食堂

0005_2
昔、徳島駅前になかの食堂という食堂があって、県外の知人が遊びに来たときは、ボウゼの姿寿司などを食べに連れていったものだった。

そのなかの食堂が職場の近所で再び営業しているといううわさを聞いて、仕事の合間に昼食に寄った。

お昼時を大分過ぎた時間ということもあって、客は私ひとり。

奥の席で新聞を読んでいたおじさんに声をかけて、日替りのおふくろ定食を作ってもらう。

今日の定食はトンカツ。
ミニうどんも付く。

どうやら、作るのは息子さんのよう。
0002
出てきたトンカツはカラリと揚がって、辛子とソースが上手く混ざり、盛り付けもセンスがいい。

どこかの西洋料理店ででもしっかり修行してきたんだろう。

今度、行くことがあれば、おじさんに昔の店のことでも話し掛けてみよう。

|

« ウー・ウェンのねぎが、おいしい。 | トップページ | オキナワ宿の夜はふけて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なかの食堂:

« ウー・ウェンのねぎが、おいしい。 | トップページ | オキナワ宿の夜はふけて »