« 岩茶のちから | トップページ | たべる しゃべる »

新帝都物語

新帝都物語 維新国生み篇
















「新帝都物語維新国生み篇」 荒俣 宏

明治維新前夜、伝説の神器「瑠璃尺」で闇の内裏を築こうとする旗本・加藤重兵衛保徳。

平将門の末裔である平田篤胤の娘・おちょうと元新選組副長の土方歳三、そして平田門下生たちとの、みちのく、そして蝦夷地・箱館の五稜郭へでの死闘を描いた帝都物語シリーズの新作。

分厚い本で所々読み飛ばしながらなんとか完読。

幕末、新撰組、帝都物語etcなにかに思い入れがなければちょっと厳しいかなぁ。

荒俣 宏の雑学知識には頭が下がるけど、それも含めてやっぱりちょっと厳しい・・・・。

まぁ、評価は賛否両論でしょうね。

興味のある方はがんばって読破して下さいm(_ _)m

|

« 岩茶のちから | トップページ | たべる しゃべる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新帝都物語:

« 岩茶のちから | トップページ | たべる しゃべる »