« えべっさん | トップページ | 冬のナチューラ »

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場
ウィリー・ウォンカ氏の不思議なチョコレート工場に、"ゴールデン・チケット"を引き当てた5人の子供達が招待される。
そこはチョコレートの川が流れ、お菓子の木々が生い茂り、小人達が働く不思議な世界だった。

鬼才ティム・バートン監督の世界観にまたもやられてしまいました。

以前はちょっとクセがあって、斜に構えた世界観やストーリーがあまり好きでなかったバートン作品も最近は笑ってみられるようになってきた。
力をぬいてみればコレがなかなか面白い。

オタクな子供に巨万の富を与えて夢を映画にさせたって感じか?

それにしても、こんな映画が世界的にヒットするところがある意味すごいかも?

|

« えべっさん | トップページ | 冬のナチューラ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場:

« えべっさん | トップページ | 冬のナチューラ »