« 香川へ・・・ | トップページ | 代休 »

終末のフール

終末のフール
「終末のフール」 伊坂 幸太郎

3年後に小惑星が衝突して人類が滅亡する……。

残された時間を過ごす仙台市郊外の団地に住む人々の肖像を描いた連作短編集。

伊坂 幸太郎らしいスタイリッシュな文体をおそらく意識して抑えたんだろうと思われる本作は、異常の中の日常を淡々と綴る。

もっとドラマチックで感動的なエピソードがあれば引き込まれたんだろうけど、逆にそう書かないところが魅力?

これってエンターテーメント小説としてはどうなんでしょうね?

|

« 香川へ・・・ | トップページ | 代休 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終末のフール:

« 香川へ・・・ | トップページ | 代休 »