« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

博士の愛した数式

博士の愛した数式
小川 洋子の傑作小説の映画化。

この作品は映画化が非常に難しいと思うのですか、寺尾 聡、深津 絵里も良かったし、
比較的良くできていたと思います。

でもでも、やはり原作の素晴らしさにはかないませんね。

個人的には原作を是非読んで欲しい。<お勧めです。

博士の愛した数式 Book 博士の愛した数式

著者:小川 洋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

くいしんぼマニュアル

くいしんぼマニュアル
「くいしんぼマニュアル」 大田垣 晴子

大田垣 晴子が和洋中からエスニックまで食べ歩き、持ち味のイラストと軽快な文章で
くいしんぼの楽しみを紹介する。

細かいところでアレッと思う記述もあるけど、そこはそれ。

あまり固い事抜きに寝っ転がってパラパラ読むのがこの人の本の醍醐味ですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒の肴、おいしい愉しみ

酒の肴、おいしい愉しみ
「酒の肴、おいしい愉しみ」 根本 きこ

洒落てます。この本。

こんな風にお酒を愉しむのもありかなぁと思わせてくれます。

女性の書くお洒落なお酒の本はスタイリッシュに過ぎて本当にお酒が好きなのか疑問のものもありますが、彼女は本当に呑むのが好きみたいです。

酒飲みの心をつかんでます(^_^;)

写真もきれいで、女性の飲酒入門書としても良い感じです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

誰も知らない

誰も知らない
アパートの一室で母親に置き去りにされた4人の子供たちの誰にも知られず過ごす1年を描いた作品。

独特の光りを感じさせる映像も美しく、映画としては良くできていたと思うけど、悲惨な状況を、暗さをあまり感じさせずに淡々と撮っているところが逆にキツイです。

感想は人によって賛否両論いろいろあるでしょうね。

もし、見てみたい方は、この141分、気力のあるときにみて下さい。<見終わった時には魂が抜かれてしまった様に感じるかも?
Photo_86 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏時の晩酌

Cimg3619_2
休日の黄昏時、眉山を眺めながら晩酌の用意をする。
Cimg3625 Cimg3623
子イカの煮付け、ラムにクミンとカリーリーフをふりかけて塩胡椒炒めをつくる。
Cimg3626
酢でヒメチを〆る。
Cimg3627
発泡酒で喉を潤して、日本酒は満を持して「悦凱陣無濾過生原酒讃州雄町」
Cimg3630
Cimg3631
相変わらずの濃~い酒に何を合わせるか?
贅沢な悩みです・・・(^_^;) 
Cimg3628_1 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きつねのはなし

きつねのはなし
「きつねのはなし」 森見 登美彦

女主人ナツメさんの営む骨董屋の芳蓮堂でアルバイトをすることになった私は店の不思議な顧客、天城さんと関わったことから不気味な体験をすることになる。「天城さんが冗談であなたに何か要求するかもしれませんが、決して言うことを聞いてはいけません。どんな些細なものでも決して渡す約束をしないで下さい。」というナツメさんの言いつけを破ったがために・・・。
この世には皆が知り得ないところで、奇怪な取引がなされているのかも知れない。
「きつねのはなし」

外国を旅した時のこと、骨董を買いあさる米国人、読書家の菓子屋など、自分の経験を物語風に語ることに長けた大学の先輩の秘密とは。
「果実の中の龍」

夜更けに現れる通り魔と、奇妙なケモノとの関係とは。
「魔」

祖父の通夜に私と親族が体験した夢とも現ともつかない不思議な体験を描いた。
「水神」

今日とを舞台におきる不可思議な物語4編を収めた短編集。
妖しくも幻想的な世界へいざなう物語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

coi-na再び

0034_000_1沖縄の歌姫coi-naが再び徳島入りという情報を得て、鴨島町公民館へ。

公民館の視聴覚室という事で、お客入るのかと思ったのですが、なんとか50名程度で満席。

相変わらずの美しいハーモニーを聞かせて頂きました。 
最近ちょっと、うた三線さぼり気味だったのですが、新たな力を貰った気がした。
0046_0030043_002 
人前で歌うことの楽しさと大変さを、改めて感じさせてくれました。

しっかり練習して、またステージやりたいです(^o^)/

天燈~てぃんあかり~ 
Okichan0051
CDも購入。もちろんサイン入り(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Dan Ran

Cimg3604 国府町にあるピザとパスタの店「Dan Ran」でランチ。

初めての店だったので開店時間を確認するために℡をかけると、週末なので予約がBetterということなので、予約して出かける。

この店はランチタイムのメニューには全てビュッフェが付いている。しかも、このビュッフェ、かなりクオリティーが高い。
Cimg3600 Cimg3603 Cimg3602
モッツアレラとトマトのサラダ。イタリアンオムレツ。椎茸のガーリックソテー・・・etc

ドリンクも果汁ジュース系が充実しています。

我が家にとってはプチ贅沢なランチですが、メインをほったらかしにして(^_^;)ガッツいてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陽気なギャングの日常と襲撃

陽気なギャングの日常と襲撃
「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂 幸太郎

人間嘘発見器・成瀬、人を煙に巻く演説の達人・響野、動物をこよなく愛する天才掏り師・久遠、正確無比な体内時計の持ち主・雪子、陽気なギャング達が遭遇する事件をスタイリッシュに描いた「陽気なギャングが地球を回す」に続く第2弾。

個人的には第1作よりこっちの方がキャラクターの魅力が出てて面白かったように思います。

でも、後書きに書いてた様に1作目を読んでないとちょっと辛い内容かもしれません。

興味のある人は2冊続けてどうぞ(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンタロウの島ごはん

ケンタロウの島ごはん
「ケンタロウの島ごはん」 ケンタロウ

料理研究家のケンタロウが沖縄の「知花食堂」「ペンギン食堂」「丸八そば屋」「はてるま」「うけますてんぷら屋」etcといった店を取材しつつ、料理も作りつつーの、レシピも載せました。みたいな本。

レシピは島ご飯のはずが、なんだか東南アジアあたりもちゃんぷるーになってる辺りがケンタロウらしいといえばらしい(^_^;)

ディープな沖縄食を期待すると肩すかしを喰らうが、まぁこんなのもありでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバートがやって来た!

Photo_84先月末から「ゆいまーる」に新メンバーがやって来た。

英国人のロバート。

石垣島で昨年末に三線を買ったらしいが、なんのなんの。
いろんな曲を弾きこなす。

日本には夏までの滞在らしいが、それまで一緒に楽しめそうです(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藍の館→もち麦うどん→和三盆糖

Cimg3591 Cimg3586 Cimg3587
妻の父が突然やって来る事になったので、観光がてら藍住町にある「藍の館」に行く。
展示も凝ってて、予想に反して面白い(^_^;)

これで、藍染め体験とかやったら楽しそう。
Cimg3590
藍の葉です。
Cimg3588
ちなみにこっちは琉球藍。
Cimg3594 Cimg3593
そのまま上板町の「技の館」でもち麦うどんを食べる。

蕎麦のようですが、もち麦の色です。
Cimg3595
そのまま、お隣の岡田製糖所さんで、和三盆糖を買って帰る。

お茶もいただきまったり(*^_^*)

立派なお屋敷でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母親節

Photo_83今日は母の日ということで香港で買った「奇華餅家」「母親節」のお菓子詰め合わせセットをお土産に持っていく。

日本のスーパーマーケットに行くとオードブルセットとか色々
母の日のセットが売ってある。

便乗商法はどこの国も一緒のようです(^_^;)

まぁ、それで喜んでくれるなら良いか・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

松の木

今日実家に行ったら、庭先の松の木が根本から切られていた。

ちょうど、隣の分家が解体工事をしていて、その業者に頼んで切ってもらったそう。

この松の木は樹齢100年を越えていた古木で、私が生まれてからずっと成長を見守ってくれていた私にとって我が家の象徴的存在だったのだ。

なんだか、ぽっかりなにかが欠けてしまったような気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名巖春茶皇

Cimg3557 Cimg3554_2
香港九龍城にある大好きなお茶屋さん「茗香茶荘」で買ってきた2007年の新茶「名巖春茶皇」を飲む。

甘味があって、少し薄荷のような涼やかな香気を感じる。
Cimg3556
神戸で買った茶漉しの出来るマグカップが初お目見え。
これが、なかなかの優れもの。
Cimg3558
お茶のお供はこれまた香港で買った「奇華餅家」の生姜クッキー。
思いっきり、生姜~!って感じがして喉にびりびり来る感じかけっこう好き(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲食男女

11_1 香港の路上や駅でよく売っている雑誌で、必ず買うのが、「飲食男女」というグルメ雑誌である。
正直昔は広告半分のやらせ雑誌だと思っていたのだが、ここ最近は、特集が素晴らしい。

特に今回は「潮菜」つまり潮州料理の特集。

これは必読!

予想通り、素晴らしかった。




早速、本に載ってたお菓子屋にも行ってきました。
Img_02621_1 _mg_65321_2 01_img_00331_4
Img_01741_1 X_581x30651_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フラガール

フラガールスタンダード・エディション
香港行きの飛行機の中で観た映画。

地味な映画ながら国内映画賞総なめにした作品ということでちょっと興味はあったんですが、まぁ劇場に足を運ぶほどではないかと思ってたのでちょうどいい。

寂れゆく東北の炭坑の町にハワイセンターを作ろうという計画が持ち上がる。
閉鎖的な村人や家族に反対されながらも努力を続けるフラガール達を描く、実話に基づく物語。

派手さはない小品ながらも良く出来てます。
恥ずかしながら飛行機の中で3回ぐらい泣いてしまいました(;^_^A

前評判通り蒼井 優ちゃん良かったです。これまで党利一辺倒な演技しかできないのかと思ってたらなんのなんの(^_^)

後半は彼女にくぎ付け状態でした。

あっ。南海キャンディーズのしずちゃんもなかなか見事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港より帰って来ました。

Photo_82 香港旅行から帰って来ました。

色々、散策してきたのですが、久しぶりにホームページの方でアップしてみようかと思ってますので、いつになることやら分かりませんが、気長にお待ちください。←って、待ってる人いるの(^^;?

ブログの方では小ネタをちょこちょこ書いてゆきたいと思っています。

お付き合いの程よろしくお願いしますm(._.)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港へ

明日は香港へ。

昨年は半分病に伏して楽しめなかった分、今年は無理せず楽しんでこようと思ってます。

わくわくして子供の遠足の前日の気分。

眠れません・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラダイスうるま島

今日は5月最初の「ゆいまーる」練習日。

4月から課題曲をメンバーが順に決めて練習しようということになった。

で、今月は私の番。

悩んだあげく「パラダイスうるま島」を課題曲に決めた。

安里屋ユンタに続けて弾けるし、ステージでも使える。

初心者にはちょっと難しいかもしれませんが、そこは頑張り次第です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »