« キリクと魔女 | トップページ | ニライカナイの日々 »

やさしいオキナワ

やさしいオキナワ
「やさしいオキナワ」 垂見 健吾 池澤 夏樹

タイトルは「やさしいオキナワ」だが内容は優しくない(^^;)

戦いを挑まれているような骨太の文章と逞しく生きるウチナーンチュの生活感が滲み出るような垂見 健吾氏の写真の迫力に圧倒される。

今流行りの青い海、澄んだ空!の癒し系沖縄とは全然違った方向から書かれた本。

同じ沖縄でも切り取る人によってこうも印象が違ってくるんだという一冊でした。

|

« キリクと魔女 | トップページ | ニライカナイの日々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やさしいオキナワ:

« キリクと魔女 | トップページ | ニライカナイの日々 »