« 子ぎつねヘレン | トップページ | 中身煮(?) »

ニシノユキヒコの恋と冒険

ニシノユキヒコの恋と冒険
「ニシノユキヒコの恋と冒険」 川上 弘美

女流作家の小説はあまり読まなかったのだが、最近、川上 弘美小川 洋子にはまって(?)よく読むようになった。
元来私は女性崇拝の傾向が強いので、女性の感性の鋭さには一目も二目もおいているつもりなのだが、流石にその感性についてゆけない作品も多々ある。

この「ニシノユキヒコの恋と冒険」もどちらかというと感覚的に理解し辛いところはあったのだが川上 弘美の紡ぎだす妙なる文章に引きずられるようにして最後まで読了。

ニシノ ユキヒコというひとりのにいろんな恋をして別れていく様を10人の女性の視点から描いた連作短編集。

私はどちらかというと恋愛下手なタイプなのでモテる男の気持ちや、男性を好きになる女性の様々な感情に素直に共感できないところもあったのだが、女性ってこんなふうに男を好きになる事もあるんだ。と思わせるところもあってそれはそれで面白かった。

結局彼は最後まで姉の面影を求めていたのでしょうか?

「なぜ僕はきちんと人を愛せないんだろう。」
と言うニシノ ユキヒコが憐れを誘います。

そんなことない。君はきちんと愛してるし、愛されてるじゃないか。ニシノくん。

|

« 子ぎつねヘレン | トップページ | 中身煮(?) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニシノユキヒコの恋と冒険:

« 子ぎつねヘレン | トップページ | 中身煮(?) »