« 徳島県青少年センターまつり | トップページ | これさえあれば 極上の調味料を求めて »

闘う純米酒 神亀ひこ孫物語

闘う純米酒 神亀ひこ孫物語
「闘う純米酒 神亀ひこ孫物語」 上野 敏彦

よく初めて会った人から、どの日本酒が一番好きですか?と聞かれて困惑する事がある。
だって好きな酒も、飲みたい酒も星の数ほどあるから。

でも、もし日本酒の基準としている酒は?と聞かれたら私は迷わず「神亀」と答えるだろう。
「神亀」「ひこ孫」はじっくり燗をつけて、お総菜と晩酌で楽しみたい。
私にとっては決して安い酒ではないが、大切に、でも日常で飲みたい酒なのだ。

神亀酒造の小川原専務には私もお目にかかった事があるが、頑固で偏屈、かつ照れ屋で驚くべき味覚と感性の持ち主である。

お酒の質問に対しても言葉数は少ないがズバッと直球の答えが返ってくる。
ちょっぴり怖いが実に明快で分かりやすい。

本書はそんな酒を醸す蔵の物語を一冊にぎゅっと詰め込んだ快著である。

祖母くらの想いや、蔵人達の様子が綿密な取材に基づいて書かれていて読み応えがあった。

ただ、個人的にタイトルにもなってる闘うっていうフレーズはちょっと引っかかりを感じましたが・・・。

でも、これだけの本が世に出る事は純米酒復権に大きな功績だと思ってます。

|

« 徳島県青少年センターまつり | トップページ | これさえあれば 極上の調味料を求めて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘う純米酒 神亀ひこ孫物語:

« 徳島県青少年センターまつり | トップページ | これさえあれば 極上の調味料を求めて »