« 沖縄離島の島あそび島ごはん | トップページ | 来た、描いた、食べた。玉村豊男の絵魚紀行 »

邪魅の雫

邪魅の雫
「邪魅の雫」 京極 夏彦

待望の京極堂シリーズ最新刊。

昭和28年、東京で次々と起こる連続毒殺事件。
「雫」を巡って様々な邪な念が蠢く。

賛否両論あるでしょうが、個人的にはラスト「物語」を語って、憑き物落としを行う中禅寺の謎解きが、理路整然としていていかにも京極作品という感じでよかったように思います。

ただ最近キャラクターの多い小説って、登場人物が覚えられなくて特に間を開けて読むと訳分からんことになってしまうので、そういう意味では辛かったです(^^;)

|

« 沖縄離島の島あそび島ごはん | トップページ | 来た、描いた、食べた。玉村豊男の絵魚紀行 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 邪魅の雫:

« 沖縄離島の島あそび島ごはん | トップページ | 来た、描いた、食べた。玉村豊男の絵魚紀行 »