« うたまーい 昭和沖縄歌謡を語る | トップページ | ラ・マリーノ »

安徳天皇漂海記

安徳天皇漂海記
「安徳天皇漂海記」 宇月原 晴明

壇ノ浦の合戦で入水された安徳天皇は神器に守られ、琥珀に包まれたまま生きていた?

鎌倉時代末期の幻想に満ちた歴史絵巻。

後半はマルコ・ポーロ、高丘親王まで登場して、ちょっと先入観抜きで読めませんでした。

|

« うたまーい 昭和沖縄歌謡を語る | トップページ | ラ・マリーノ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安徳天皇漂海記:

« うたまーい 昭和沖縄歌謡を語る | トップページ | ラ・マリーノ »