« 狸まつり | トップページ | 安徳天皇漂海記 »

うたまーい 昭和沖縄歌謡を語る

うたまーい―昭和沖縄歌謡を語る
「うたまーい 昭和沖縄歌謡を語る」 知名 定男

敬愛する唄者、知名 定男の語る自伝兼、沖縄歌謡史。
正直、島唄にかなり詳しい人が読まなければキツイ内容です。

私が尼崎で三線を習っていた事もあって、幼少の尼崎時代の話。

幼い頃の最初の記憶が杭瀬小学校で三線を弾いたこととか、戸の内のモリスン橋の名前が出てくるくだりが特に興味深かったですね。

大阪で渡口さんという人がいて、普久原 朝喜さんの3人目の奥さん京子さんと舞踊を踊ると絶品でした。という記述もあるんですが、これ個人的に気になります。

ブログ見てる某関西の方々、どうなんでしょうね~?

また、聞いておいて下さいね。

|

« 狸まつり | トップページ | 安徳天皇漂海記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うたまーい 昭和沖縄歌謡を語る:

« 狸まつり | トップページ | 安徳天皇漂海記 »