« 戻り鰹 | トップページ | 秋鮭などなど »

久しぶりの讃岐うどん

Cimg2245 稲穂の頭も垂れる秋空のもと、久しぶりに讃岐入り。

まずは、高松市の東植田にある青い屋根の「谷川製麺所」へ向かう。

うどん玉大250円也を丼に入れてもらってから、セルフで麺を温める。
そこへネギと寸胴からナス、ダイコン、ニンジンなどの野菜が煮込まれたしっぽく出汁をかける。
自家製の激辛一味唐辛子も少々。
Cimg2241 Cimg2243
店の外へ出て、畑の横で立ったまま食べる。

野菜の出汁が優しく、うどんと一体となって実においしい。

あまりの感動に蕎麦をお代わり。
Cimg2237 Cimg2239
そのまま、ドライブがてら「赤坂うどん」へ。
Cimg2260
ここも5年ぶりぐらいか?

店に入ると、おばちゃんが
「あれ?、ひっさしぶり~!」
と声をかけてくれる。

「仕事で神戸に行っとんたんよ。」

「あんた、たしか○○(←職業)やったよね~。」

「うん。」

ネギをハサミで切りながらおばちゃんと会話を交わす。
Cimg2256 Cimg2258
温かいうどんに、ネギと唐辛子をパラパラと散らして醤油をかけて、店の外で麺を啜る。

!!!

体の中に溶けていきそうなうどん。

アカン!旨すぎる~

ホンマに涙が出そうでした(^_^;)

最近、讃岐うどん店で美味しい店は全国に沢山出来てるんでしょうが、魂が揺さぶられるような奥深いうどん文化に久しぶりに感動しました。

|

« 戻り鰹 | トップページ | 秋鮭などなど »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

最近、年に2回(しかも忘年会と新年会に合わせてなので冬場のみ)しか行ってないので、赤坂にも長らく行ってないな……
谷川製麺は私の讃岐うどん1stインパクトの店なので、こちらも大好きなんですが……

投稿: かず@神戸っ子 | 2006年10月11日 (水) 19時47分

がずさん。

赤坂のおばちゃん、最近みんな来~へんって寂しがってましたよ。

あの体に溶け込んでいきそうなうどん、たまりません!

投稿: POCHI | 2006年10月13日 (金) 00時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの讃岐うどん:

« 戻り鰹 | トップページ | 秋鮭などなど »