« ゆいまーる | トップページ | 沖縄のおさんぽ なつかしい島に帰りましょう。 »

肝(ちむ)―沖縄・コザの登川誠仁

Photo_47
「肝(ちむ)―沖縄・コザの登川誠仁」 藤田 正(文) 金子 亜矢子(写真)

コザの番長、セイ小先生を写真と文、そして島唄の歌詞で綴る一冊。

「みんな自由に歌を歌ってきた。それが私たちの音楽だ。」
と語る登川 誠仁の言葉には重みがあります。

自在に歌に情けを込めてうたえる者のみが「唄者(うたさー)」と言われる名人であるという。

奥深い島唄の世界。
まだほんの少し首を突っ込んだだけだが、少しずつでも唄者に近づいていきたいものです。

|

« ゆいまーる | トップページ | 沖縄のおさんぽ なつかしい島に帰りましょう。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肝(ちむ)―沖縄・コザの登川誠仁:

« ゆいまーる | トップページ | 沖縄のおさんぽ なつかしい島に帰りましょう。 »