« ボウゼ寿司 | トップページ | 茶の味 »

広東

Photo_466 
子供の頃にすり込まれた味ってありませんか?

私にとって「支那そば 広東」の味がまさにそれ。
子供の頃から父に連れられてやってくるのはいつもここ。

関西にいた頃もラーメンはあまり食べに行かなかったし、自分にすり込まれている、いわゆる“徳島ラーメン”の味が強烈すぎて、どんな美味しい店に行ってもなにか違う感じがするんですよね。

今回、久しぶりに行ってスープを一口啜って、ビビビッ!と痺れてしまいました(^_^;)

なんか旨いとかそういう次元の問題じゃないんですよね。

味が変わったとか色々言う人もいるようですけど、確かにこの数十年でなんども味は変わったと思います。
スッキリ気味のスープだったときもあれば、脂の膜がスープを覆っていたくらいギトギトの時もありました。

でも、あの元ダレの味、食券を買うシステム、ワゴンで運ばれてくるソバ、鯉の泳ぐ入り口、私にとっての広東」は今も昔も子供の頃、親父に手を引かれて通ったあの頃のままなのです。

|

« ボウゼ寿司 | トップページ | 茶の味 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広東:

« ボウゼ寿司 | トップページ | 茶の味 »