« 椿茶藝館 | トップページ | 男前豆腐 »

梅雨のはざま

Photo_348 梅雨の季節到来。

流石に雨の日が続く。スッキリしない毎日。

でも、そんな時期にも時折、そこまで来ている夏の青空が顔をみせる時がある。

そんな晴れた日、尼崎市庄下川の錦橋でカメが甲羅干しをしていた。

まだ、こんな都会の川にもカメが生息しているのですね。

子供の頃は近所の川(四国徳島)にカメの姿を見る事も多かったのですが、こんなふうにカメを見つけるのは久しぶり。

ジリジリと照りつけるような真夏の日差しの下、虫取り網を片手に、メダカやオタマジャクシを掬いに行った川で、カメを見つける事が多かったっけ。

カメを見てると時間がゆったりと流れる気分になる。
一瞬、時間が止まったような錯覚を覚えました。

|

« 椿茶藝館 | トップページ | 男前豆腐 »

生き物、ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨のはざま:

« 椿茶藝館 | トップページ | 男前豆腐 »