« 船場カリー | トップページ | 陋巷に在り1~13巻 »

続巷説百物語

続巷説百物語

「続巷説百物語」 京極 夏彦

御行の又市、山猫廻しのおぎん、事触れの治平、そして山岡 百介達の妖怪・伝承を語って悪を裁く仕掛けを描いた京極 夏彦の人気シリーズ第2弾。

勿論、淡々とした第1弾の「巷説百物語」。直木賞を受賞した「後巷説百物語」も「赤えいの島」という話で、私が子供の頃聞かされていた、故郷の伝説のことにちらっと触れていたりして良いのですが、「続巷説百物語」はシリーズ屈指のドラマチックなつくりとなってます。

妖怪や昔話に興味のある人にとっては読み応えのあるシリーズです。
後、「必殺仕事人」好きの人も是非。

最終話「老人火」での又一の決めぜりふ、「御行奉為」には泣かされました。

|

« 船場カリー | トップページ | 陋巷に在り1~13巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続巷説百物語:

« 船場カリー | トップページ | 陋巷に在り1~13巻 »