トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

サウダージ・オキナワ

サウダージ・オキナワ

「サウダージ・オキナワ ~ヒーリングセレクション~」 ネーネーズ

今更、私が紹介するまでもない沖縄を代表するディーバグループ。

このアルバムはネーネーズのオリジナル曲中心のベスト盤です。
名曲「黄金の花」から「テーゲー」「あめりか通り」といったポップ、かつウチナーサウンドが満喫できます。

個人的には、岡本 おさみさんが、コザで住むおばぁから本土に働く昔の彼のことを聞いて詩を書いたという「真夜中のドライバー」が大好きです。

さびの「真夜中のタクシードライバー。私の思む(うむ)やぁ小(ぐ)。」というところが泣かせますネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォルターピークファーム

Photo_33 尼崎市武庫之荘の「ウォルターピークファーム」でケーキを買った。

ここのケーキはちょっとアメリカンな雰囲気。
実は私はパイ系、タルト系はあまり好きではないのですが、ここのは許容範囲内です。

写真のケーキはジャンドウヤ。ナッツのペーストが混ぜ込んである生地に深みがあります。

素材も厳選しているようで、尼崎市内ではお勧めのお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悦凱陣

Photo_32 よく、「日本酒の銘柄ってなにが好きですか?」って聞かれることがある。
そう言われても色々好きなお酒はあるし、その日の気分や、肴によっても飲みたい銘柄は変わってくるので、一概には言えない。

と、いうのも面倒なので、最近は「香川県の凱陣です。」と答えるようにしている。
そのくらいここのお酒は好きである。

今回飲んだのは「悦凱陣 無濾過生 丸尾神力 16BY」。
宮城県産のセル牡蠣の生、京漬物のすぐき菜に合わせて燗をつける。

濃厚な旨味と独特の水癖が鼻腔をくすぐる。

以前、この蔵の仕込み水を指して、「池の水」と称した料理人の人がいたが、確かにもったりと土臭くもあり、だが旨味も強い。

私はこの蔵の個性は「水癖と人癖」だと思っている。

水もそうですが、醸す丸尾さんも一筋縄ではいかない曲者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クスム

Photo_31 Photo_29 Photo_30





神戸は東京に次いでインド人口が高い地域だという。
そんな神戸山手はハンター坂中ほど、マンションの一室に知る人ぞ知るインド家庭料理の店「クスム」がある。

この店のメニューは、【昼】980円 【夜】1,200円の食べ放題セットのみ。

ベジタリアン料理のセットで、ちなみにこの日のランチで食べたのは、濃~いマンゴージュース、野菜サラダ、衣がやや厚めでサクサクのサモサ(辛いコリアンダーソースと甘いチャッツネ付)、カレーとどう違うのかわからない?レンズ豆のスープ、ちょっぴりミルキーな味わいのカッテージチーズと野菜のカレー、日本人好みっぽい香りのジャガイモと青菜(?)のカレー、チャパティー、ライス(インド産長粒米)、チャイ。
更にいつもはないのですが、隣の席のおじさんが頼んで出てきたカリフラワー、ニンジン、レンコン等の根菜たっぷりインドの漬け物アチャール。

油断をしてると、カレー、ライス、チャパティーはおかわりをどんどん持ってくるので、わんこ蕎麦ならぬわんこカレー状態に陥ってしまう。持ってこられると断り辛いし、それにこの店、日本語がほとんど通じないんです。

日本のどこかのファーストフード店みたいな笑顔もサービスもないけれど、まるでインドの普通の家庭でご飯をごちそうになっている気分。

隣の席のはじめて来たらしい女の子が言っていました。
「海外旅行に来たみたい。」

いや、ホントそういう店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイノリティ・リポート

マイノリティ・リポート

ちょうどさっきテレビでトム・クルーズ主演、スティーブン・スピルバーグ監督のSF映画、「マイノリティ・リポート」を観終えたところ。

女性のアガサ、と双子からなる「プリコグ」と呼ばれる3人の予知能力者を利用したシステムによって、殺人事件がなくなった2054年のワシントンD.Cが舞台。
殺人犯は罪を犯す前に予知によって逮捕されてしまうのだ。
その犯罪予防局のチーフを務める主人公が、身に覚えのない殺人予定者として追われ、身の潔白を示すために真相を追いつつ逃亡を続けるという映画です。

公開当初からちょっと気にはなってたんですが、今回テレビ放映ということでやっと観れました。

なかなか良かった。

独特の世界観と、それを表現したちょっと実験的な映像もよくできていたし、ストーリーも結構好み。
難をいえば、もう少しハートにズッシリくる映画でも良かったんじゃないかと思うんですが、そこはスピルバーグ、万人受け出来る作品になってました。

そういえば、しばらくハヤカワ文庫とかから出てる“SF”っていう小説を読んでないなぁ~。

久しぶりに読んでみよう。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

アランカスケビッチ

Photo_24 Photo_25 ケーキの街、御影へまたまたドライブ。

今回はフランス人パティシエ、アランさんの営む「アランカスケビッチ」(まんま。)へ。

ここのケーキもかなりお勧めです。
日本人の発想にはない意外な組み合わせのお菓子があったり、冬季限定のチョコレート、焼き菓子も素晴らしい。

ケーキを買う店に迷ったらここに行けば間違いない!そんな店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正義の味方

「ホリエモン逮捕」のニュースがテレビに流れる。

ニュース番組でコメンテーターや町の人たちが訳知り顔で批難を浴びせる様子が放送される。
彼が犯罪者(本当は容疑者)=悪人になったとたん、世間の人たちは正義の味方になる。

ウルトラマンが怪獣をたおした後に腰に手をあてて胸を張るシーン。
おそらくウルトラマンは壊されたビルの持ち主や戦いに巻き込まれて怪我をした人のことなんかきっと考えてなかったんでしょうね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾とインドの弁当&惣菜屋さん・・・・

Photo_15関西に移り住んでからすっかりマサラ中毒の私にとっての強い味方。

台湾とインドの弁当&惣菜屋さん「・・・・Wife is Boss」。
台湾人の奥さんとインド人のご主人が営むお店です。

ここの南インド風のお総菜は本当に美味しい!
値段はちょっと高めですが、スパイシーな味付けですので、週末に買ってから(土日のみの営業なのです)2~3日我が家の副菜として活躍します。

この日買ったのは「チキンとカシュナッツのカレー」「鶏挽肉のカレー」「ひよこ豆のカレー」の3品。特に「鶏挽肉のカレー」はクミンがよく効いてご飯にまぶして食べると最高!でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こげぱん沖縄ぶらり旅日記

Photo_2

こげぱん―沖縄ぶらり旅日記

 たかはし みき

こげぱんの本です。

お気楽に読めます。

でも中身は意外にマニアック。

沖縄に行こうとしている人。
沖縄通の人も納得の内容です。

こげぱんらしく沖縄のパン屋さんにも立ち寄っています。

京都本etcもシリーズであるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サンクルバーナー

Photo_14 お稽古の後は沖縄料理を囲んで懇親会。
うちの師匠、伊礼 哲は沖縄料理店「琉球國」のオーナーでもあります。

一般のお客さんも入ってきて、いよいよ週末恒例、師匠のファミリーバンドサンクルバーナーのライブで盛り上がる。

泡盛も入って聴く生の島唄はやはり気持ちいい~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初弾き

Photo_13 今日は私の通っている三線教室、「登川流関西 伊礼琉球民謡研究所」の稽古始め。

年末の発表会以来ちょっとさぼり気味だったためみんなに上手くついて行けない・・・(T_T)

楽器など持ったこともない音楽音痴の私が、なにを血迷ったか(^_^;)この年になって始めた唄三線も早1年。なかなか上達しませんが、まぁ地道に楽しんでいこうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎゅんた

Photo_21 Photo_22

Photo_23





行きつけの餃子屋でのある日の会話。

【私】「美味しいお好み焼きの店ってないよね~。」

【店主】「あります!」(キッパリ!)

・・・ということで教えてもらいました。
尼崎市南武庫之荘にある「ぎゅんた」です。

コリアな人がやってるのでしょうか?席に置いてある辛いタレが良いアクセントになってます。

店内は地元の人で賑わってます。
おばちゃんが豪快に焼くお好み焼きは薄い生地に千切りキャベツ、具、そしてその上に少量の生地を重ねて焼き、最後に半熟の卵焼きの上に乗せる、ちょっと広島風の焼き方。具のイリカスがカリッと香ばしい。
焼きそばをたのむお客さんも多く。こちらも美味しそう。

いきなり私の粉もんランキングの上位にくい込んできました。
ちょっとハマリそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の人だけが食べている

沖縄の人だけが食べている

「沖縄の人だけが食べている」 仲村 清司

沖縄の食べものを高級食材からチープなものまで紹介。

島豆腐、スクガラスからコンビニのポークおにぎりまで、食べたいもの満載です。

沖縄を知り尽くした著者ならではの厳選された(?)食べられるor購入できる店々は沖縄旅行のお供としても利用できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登川誠仁&知名定男

登川誠仁&知名定男

登川誠仁&知名定男

最近お気に入りの沖縄島唄のCD。

私の大好きな琉球民謡会二大スターの師弟競演です。味わい深い唄い回しのセイ小こと登川 誠仁と優しく包み込むような癒し系ボイスの知名 定男。

シビレます~(T_T)

曲も琉球民謡のスタンダードナンバーからセイ小先生のオリジナル曲まで師弟の息のあった掛け合いは流石。

民謡のアルバムながら洗練された感じは洋楽ファンの方などにも聴いてもらいたい一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重力ピエロ

重力ピエロ

「重力ピエロ」 伊坂 幸太郎

スタイリッシュな文体と虚をつかれるストーリー展開が魅力の作家、伊坂 幸太郎の直木賞候補作品。

連続放火事件とグラフィティーアートの謎を巡って、半分だけ血のつながった兄弟とその父の物語。
一応ストーリーは連続放火事件の謎解きというミステリー仕立てになっているのですが、私的にはあまりストーリーに意味はないような気がします。

この物語を読んで思ったこと・・・もしあなたの家族が犯罪を犯したら、あなたは大切な人を摘発しますか?
私はきっとその人を匿うでしょうね(罪にもよるけど)。弱いと思われるかもしれませんが、きっとそうしてしまう・・・。

世間で言うところの正義がなんなのか考えてしまう一冊。

病床のお父さんがかっこよくて泣かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮神社 十日戎

Photo_12伊耶那岐・伊耶那美から生まれた子は骨のない奇形児で蛭子神と呼ばれたという。
生後3年経っても立つことがかなわなかったこの子は葦の船で海に捨てられ、流れ着いたその子を祭ったのが西宮神社であるという。蛭子神を祭った時の人々はやはり神を畏れ敬ったのだろうか?・・・などと感慨に浸る間もないほどの人混みに流されつつ本殿を詣る。
妖怪ハンター 地の巻
個人的にヒルコ神といえば昔読んだ漫画「妖怪ハンター」(諸星 大二郎)で強烈な印象があるのですが・・・。まぁこれはこれで偏見ありすぎですね(^_^;)

実際の戎祭りはもちろんそんな暗いイメージなどちっともなく、屋台の出店もあり大賑わい。
今日は宵戎だが、今年の戎祭りの期間で唯一の休日ということもあり、凄い人出でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セセシオンのアップルパイ

Photo_6 神戸はケーキの街である。古くから西洋文化を受け入れていた下地がそうさせるのか、とにかくこの街には洋菓子がよく似合う。
その中でも特に東灘区御影町の阪急御影駅周辺はケーキ激戦区である。この閑静な高級住宅街にケーキの名店が密集しているのは、やはり需要があるということでしょうね。

今日はそんな御影にある洋菓子店「セセシオン」でアップルパイを購入。
ウィーン、ドイツetcの伝統的な欧風菓子をベースに斬新なテクニック、スパイス使いでちょっぴり大人の味のケーキを焼くこの店は最近の私の一押し。

今回のアップルパイも期待を裏切らず、紅玉の酸味と部分的にカラメル状に焦げた蜜の苦みがたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レスカエコ・ビゴ

Photo_5 今日は芦屋にあるフランスパンの名店「ビゴの店」のレストラン、「レスカエコ・ビゴ」でランチ。

フランス料理は滅多に食べないんですが、ここは素材の良さとそれを生かす調理法が好きで時々ランチにやってきます。変にいじくり回さずにストレートに勝負しているところに好感が持てる。

今日食べたのはホタテ貝と冬野菜のサラダが前菜に付いた淡路産鶏肉のシチュー仕立て。鶏肉の下にはポテトがたっぷり敷いてあって見た目よりボリューム有り。

お皿に残ったソースはもちろんご自慢のパンにつけて綺麗に食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜんざい??

Photo_9 Photo_10 Photo_11              お正月はやはりぜんざいでしょう!

ということで初詣帰りに三宮のベトナム料理店「タン・カフェ」でベトナムぜんざいのチェーを食べる。

餅米と大豆によく似た黒目豆をココナッツミルクで煮たもの。
器はちいさいけど食材が餅米だけあって結構ボリュームがある。

これが激ウマ!
アジアンデザートは好きでよく食べるけどこれは日本で食べたものの中では秀逸。

コンデンスミルク入りのベトナムコーヒーをお供に楽しむ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年は戌年

Photo_1 初詣の神戸で出会ったダブル スピッツ。

紋付き、着物姿がキュート。
紋付きの家紋は骨マークなのだ。

道行く人の注目をあびて、すっかり人気者。

いっぱい写真撮られてました。・・・って私も撮りましたけど(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣の幸せ

Photo 今日から仕事初め。

特に面白いネタもないので昨日の初詣で食べた、つぼ焼きを・・・。
大貝の殻におそらくニシ貝を入れたもの。寒空に熱々のおつゆがあったまる。
ちょこっと入った春菊がポイント高し。
昔はこれの屋台が三宮駅界隈に沢山あったそうだ。

それにしてもワンカップ大関が妙に旨い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

Cimg0482 あけましておめでとうございます。

ついにブログに挑戦!

以前、ホームページの日記を1年以上更新しなくてやめてしまった筆無精の私がはたしてブログなんて出来るのでしょうか?    

不安はありますが気長におつきあい下さいませm(_ _)m

さて本日、神戸の生田神社に初詣に行ってきました。凄い人で賑わってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »